食事の選択

【危険性検証】何にでも入っている「アミノ酸等」って一体何?

スーパーで調味料や加工品の原材料を確認すると、ほとんどの確率でこのアミノ酸等を見かけます。

ポテトチップスやお煎餅など、お菓子にも添加されていますね。

このアミノ酸等とは、一体どんな添加物なんでしょう。

アミノ酸等とは

グルタミン酸ナトリウムを含む添加物のこと。

アミノ酸等には、このグルタミン酸ナトリウムの他に、何種類もの添加物(化学調味料)が含まれています。

グルタミン酸ナトリウムの他に、何を混ぜても、アミノ酸等と記載できるんです。

何が入っているか分からない複合調味料の総称なんですね。



グルタミン酸ナトリウムとは

グルタミン酸ナトリウム(MSG)とは、味の素のこと、化学調味料です。

このグルタミン酸ナトリウムは、アミノ酸に分類されます。

アミノ酸と聞くと、身体に必要な要素のように思えますね。

別名、うま味調味料とも言われており、昆布でとったようなうま味が特徴です。

MSGの作り方

グルタミン酸ナトリウムは、かつては石油から合成法で製造されていました。

現在では、サトウキビを使った発酵法が主流となっています。

しかし、サトウキビ自体には、昆布のようなうま味はありません。

このサトウキビをただ発酵させても、グルタミン酸にはならないのです。

サトウキビを発酵させる過程で、塩酸や抗生物質、界面活性剤などの化学薬品を加えることで、グルタミン酸を作っています。

そしてそのグルタミン酸に水酸化ナトリウムを加えることで、グルタミン酸ナトリウムとなります。

このグルタミン酸ナトリウムに、イノシン酸ナトリウム(かつお節のうま味成分)やグアニル酸ナトリウム(しいたけのうま味成分)を加えると、味の素になります。

サトウキビを発酵させて作るといえば聞こえはいいですが、実際は、昔ながらの酵母菌や乳酸菌を発酵させるような方法ではなく、発酵の過程で何種類もの化学的添加物を加えて人工的に作り上げた、不自然な化学物質なのです。

MSGの作用

料理に使うことで、その味わいが変わる味の素ですが、摂りこむことで身体ではどのようなことが起きているのでしょうか。

そもそもグルタミン酸は、自然の食品の中にも存在しています。

トマトや昆布に含まれているグルタミン酸は、タンパク質などとの複合体として存在しています。

タンパク質中のグルタミン酸であれば、消化器系でゆっくりと消化されます。

しかし、人工的に作られたグルタミン酸ナトリウムは、遊離アミノ酸となり、速やかに吸収・代謝されることで血中に溶け込み、血中のグルタミン酸濃度が高くなります。

自然の昆布などの食品を食べても、血中にグルタミン酸が放出されることはほとんどありませんが、人口調味料であるグルタミン酸ナトリウムは、大量に血中に放出されるのです。

グルタミン酸は、血液によって体内を巡ることにより、様々な悪影響があるのです。



危険性について

神経細胞が死滅する

グルタミン酸は、摂りこむことで興奮が起こり、少量であっても作用することから、生化学学会や脳生理学の分野では、「神経興奮毒物」(ニューロ・トクシン)と呼ばれております。

神経細胞の過剰な興奮は、カルシウムの細胞内流入を引き起こし、細胞死を引き起こします。

つまり、グルタミン酸が活性化することにより、神経細胞が死滅するのです。

身体への影響について

脳には、血液脳関門と呼ばれる、有害物質が入らないように調節する関所のような機構があります。

血中のグルタミン酸ナトリウムのような有害な物質は、この血液脳関門によって守られるので、影響はないという意見があります。

しかし実際は、グルタミン酸によって血液脳関門の両脇にあるグルタミン酸受容体が刺激されることにより、血液脳関門が開いてしまいます。

血流によって運ばれたグルタミン酸は、血液脳関門をすり抜けますし、脳の視床下部や下垂体にはもともと血液脳関門がないため、グルタミン酸の悪影響をダイレクトに受けます。

また、血液脳関門が完成されるのが3歳頃と言われており、3歳未満の子供にとっては、グルタミン酸はフリーパスで脳の神経細胞を死滅させていきます。

そうして脳が損傷することによって、身体には様々な副作用が起こります。

また、全身のグルタミン酸受容体が過剰に刺激されることにより、各臓器や組織にさまざまな悪影響があります。

・頭痛

・身体の痺れ

・不整脈

・慢性炎症

・生殖異常

・染色体異常

・骨格異常

・ホルモンの減少

・腎臓障害

・肝臓疾患

など

また、加熱すると強発癌物質になることでも知られています。

味覚が麻痺する

グルタミン酸ナトリウムを摂ると、脳の海馬や扁桃核が刺激され、味の幻覚が起こります。

味の素によって化学的に作られた濃厚な味を、おいしいと感じてしまい、本来の野菜や天然の出汁の味が分からなくなってしまうのです。

繊細な味が分からなくなり、過剰な味を求めてしまう。

味覚が麻痺してしまうのです。

そして、恐ろしいことにこのグルタミン酸ナトリウムは、麻薬性があります。

摂取すればするほど、味覚は鈍くなっていき、美味しいと思うことで更に求めるようになる。

そうして日々摂取することで、どんどん身体を害していくのです。

日本では当り前

かなり危険な調味料ですが、日本では当たり前に使用され続けております。

スーパーで並ぶ食品や調味料の中で、アミノ酸等が入っていないものを探す方が難しいほどです。

居酒屋、ラーメン屋、中華料理屋など、外食産業でも、当然のように大量に使用されています。

また、発展途上国にも、良い物だといって大量に輸出しています。

しかし、先進国の多くの国では、制限・禁止になっているのをご存知ですか。

「NO MSG!」は、海外では当たり前。

日本と知識のない途上国でのみ、大量に消費されているのです。



どうして使用され続けるのか

日本は、遺伝子組み換え食品の消費量も、世界一だといいます。

グルタミン酸ナトリウム然り、遺伝子組み換え食品然り、これだけ消費されるのは、日本人があまりに無知であるということに他なりません。

世間で出回っていることや習慣についての危機感が全くないのです。

与えられるがまま、摂りこんでいる。

世界中で売れなくなった食品や薬は、日本でどんどん消費される、世界の肥溜めと呼んでもいいかもしれません。

私たちは、そうしたもので生きているのです。

また、味の素などの大手は、その利権を守るために、国と共謀して長い時間をかけたマインドコントロールをしています。

身体に害がないと言い続けることで、自分たちの利権を守っているのです。

日本人が不健康になることなどは、何にも思っていないのです。

どうするべきなのか

味の素や、化学調味料などは使わずに、昆布やカツオ、煮干しで出汁をとりましょう。

また、醤油麹や塩麹を使えば、料理にぐっと旨みが出ます。

なにより、美味しい!!ですよ!

塩麹を作る!なにを漬けても美味しいなんて、もう止められませんみなさま、私、最近ハマりにハマっている調味料があります それは、塩麹(しおこうじ) 簡単に作れますし、何より美味しい!! ...

また、ブレンダーがあればマヨネーズも簡単に出来ます。

自作の美味しさに目覚めれば、自然とアミノ酸等が入った食品を買うことも無くなります。

まとめ

日頃から食事に気を付けている人は、グルタミン酸ナトリウムが使われている食品を食べても、後味や気分が悪く、食事の満足感を得られません。

しかし、子供の時分から、駄菓子やカップラーメンやコンビニの調理パンやお弁当などを食べ続けていると、味覚は麻痺してしまい、その強烈な味が美味しいと感じるようになってしまいます。

自然な旨味のある料理を食べても、味がしないと言うこともあるでしょう。

ただ味覚が麻痺するだけならまだしも、神経細胞が死滅して、身体のさまざまな個所に悪影響がありますので、本当に摂取するのは気を付けたいものです。

健康的な食生活、自然の味わいを感じる豊かな食卓のためにも、アミノ酸等を摂らないという選択をいたしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ソフトバンクへMNP

知らない人が損をしている。ソフトバンクに乗り換えることで、スマホの月額は驚くほど安くなります。

ソフトバンクの正規代理店だから安心!キャッシュバックや一括0円案件が常にある!最新情報公開中!

 

【最新クーポン配布中】12/21まで!ケータイ乗り換え.comの特別キャンペーン公開中!毎日更新【12月10日更新】どこよりも早く最新情報をお届け!「ケータイ乗り換え.com」の、最新キャンペーンをご紹介します! Softba...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です