食事の選択

酵素のスーパーパワーをみる 酵素の必要性と効果的な摂り方について

酵素ダイエットや酵素ドリンク等、世間でも良いとされている酵素。

酵素の良さとは一体なんでしょう。



そもそも酵素とは

酵素とは、野菜や果物に含まれているのはもちろんですが、人の身体の中には約3000種類以上の酵素があると言われています。

酵素は、生命活動する上で欠かすことのできない蛋白質の一種であり、体内で起こる化学反応は、そのほとんどが、酵素の仲立ちがあって、はじめて成り立ちます。生体触媒とつまり、生命活動に酵素は不可欠であるということです。

酵素がなければ、私たちは生きてはいけません。

酵素は、食べた物を消化分解するほか、呼吸や、運動、思考、代謝や、自然治癒力までも左右する、とても重要な働きを担っています。

酵素の種類

人間が体内で作ることの出来る酵素は、大きく分けて2種類。

消化酵素と代謝酵素です。

消化酵素

食べ物の消化に使われる酵素。唾液や、膵液などの消化液に含まれるほか、腸内微生物も消化酵素を作り出します。分解される栄養素によって、炭水化物分解酵素、タンパク質分解酵素、脂肪分解酵素などに分けられます。この消化酵素は、体内で作る他に、食べ物で補うこともできます。

代謝酵素

新陳代謝を促進し、健康を維持するために働く酵素。細胞の再生や自然治癒力の維持など、生命活動に重要な役割を果たします呼吸や運動に関わるほか、老化を防ぎ、毒素を解毒し、免疫力や自然治癒力にも関わるなど、健康な身体を保つのに欠かせません。

食物酵素

体外から取り込むことのできる、消化酵素と同じ働きをする、食べ物に含まれている酵素。加熱されてない生の食べ物や、発酵食品に含まれています。



酵素の量は決まっている

人の身体で作ることのできる酵素の量は、一生のうちで決まっています。

1980年代に、アメリカのエドワード・ハウエル医学博士の研究によって、人それぞれ遺伝子によって酵素を作ることができる量が違い、さらにその量が限られていることが分かりました。

一生の間に作ることができる限られた酵素は、潜在酵素と呼ばれています。体内で作られる消化酵素と代謝酵素は、この潜在酵素から作られます。

そのため、消化酵素はなるべく食べ物に含まれる食物酵素で補い、体内で作る酵素は、できるだけ代謝酵素として、自然治癒力などのために働けるようにすることが、健康長寿の秘訣といえるでしょう。

酵素を食べ物から摂るべきなのは、体内で作られる量には限度があるから

酵素の無駄遣い

暴飲暴食や、不摂生、肉や魚など動物性たんぱく質の過剰摂取等の食生活を続けていると、食べ物の消化に体内の酵素が大量に使われてしまいます。また、ストレスや喫煙、過度のアルコール摂取も、酵素を消費します。

これらは、体内に活性酸素を増やすことになるため、その活性酸素を無害化しようと酵素が働くのです。

こういった悪習慣を続けていると、体内の酵素が不足していき、様々な体調不良へと繋がっていきます。

生活習慣を改めることにより、酵素の無駄遣いも無くなります

酵素が不足すると

活性酸素が増えて、腸内環境が悪化します。

そのため、新陳代謝機能が低下し、排毒の力が弱まり、血液が汚れ、血流が悪化し、免疫力の低下が見られます。

自覚できる疲労や老い、身体の痛みを感じ、様々な病気が発症します。



酵素を含む食材

体内の消化酵素を補うため、食生活を改めるはとても重要なこと。酵素を含む食材を積極的に摂取したいものです。

自然の全ての食物には、食物酵素(消化酵素)が含まれています。

しかし、酵素は熱に弱く50℃前後で効果が弱まり、失われてしまいます。

そのため、酵素を摂ろうと思ったら、野菜や、果物、魚介類を、生で食べる必要があります。

生野菜・フルーツ

魚の刺身

発酵食品

生野菜・果物は皮にも酵素が含まれているため、皮ごと食べるのがオススメです。

基本的に野菜より果物のほうが酵素の含有率は多いです。

発酵食品

また、生の食材の他に、発酵食品の中にも、酵素は存在しています。食材が発酵する過程で、酵母菌が様々な酵素を作り出すのです。

日本では、古来より、味噌や、醤油、納豆やぬか漬けなどの発酵食品を食べてきました。

 酵素を含む発酵食品 

調味料
生味噌・生醤油・非加熱の酢(リンゴ酢など)

飲み物
日本酒(生酒)・焼酎(生)・ワイン(生)・ビール

漬け物
キムチ・ザワークラウト・ぬか漬け・イカの塩辛

その他
ヨーグルト・チーズ・納豆・酵素玄米

効果的な摂り方

ローフード(生菜食主義)の先駆者ノーマン・ウォーカーさんが愛した朝ご飯。バナナをフォークで潰し、すりおろした人参を載せて、水で戻した干しブドウと、細かくしたアーモンドをまぶしたもの

参考文献:やってみました!1日1食 船瀬俊介著

火を通さないこと

酵素は熱に弱いため、出来るだけ生で食べましょう。

味噌汁は、決して煮立たせてはいけません。出汁をとった後で、火を止めてから味噌をとき、いただきましょう。

皮を剥かないこと

野菜や果物の食物酵素や栄養素は、皮の近くに多くあります。無農薬の安全な野菜や果物ならば、よく洗って、皮は剥かずにそのまま食べましょう。

熟してから食べる

未完熟の果物は、その主成分のほとんどがデンプンです。成熟することで、デンプンは、糖分に変わっていきます。

未完熟の果物を食べてしまうと、体はデンプンを糖に変えるための消化酵素を使わなくてはならなくなります。

バナナは、黒い斑点(シュガースポット)が出て十分に熟してから食べましょう。バナナ以外も、追熟する果物は、熟すまでしばらく置いておきましょう。

すりおろす

野菜やフルーツの酵素は、細胞の中に存在しています。細胞の外にでられなければ、酵素は働くことができません。

そのため、すりおろすことで、細胞の膜が破れて、酵素が働くことができるようになります。すりおろすことで、酵素の効果は2~3倍になるともいわれています。

まとめ

酵素は、人が生きる上で不可欠な要素。

一生で作ることのできる酵素は限られているので、酵素は積極的に摂っていきたいもの。食べ物で補えるところは補っていきましょう。

また、酵素の無駄遣いは、老化のもとです。食生活を改善し、腸内環境を整えましょう。

そのためにも、1日1食の食生活と、白砂糖をとらないことがオススメ!

いつまでも元気でいるための、確かな食事を選択していきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ソフトバンクへMNP

知らない人が損をしている。ソフトバンクに乗り換えることで、スマホの月額は驚くほど安くなります。

ソフトバンクの正規代理店だから安心!キャッシュバックや一括0円案件が常にある!最新情報公開中!

 

【最新クーポン配布中】10/26まで!ケータイ乗り換え.comの特別キャンペーン公開中!毎日更新【10月19日更新】どこよりも早く最新情報をお届け!「ケータイ乗り換え.com」の、最新キャンペーンをご紹介します! Softba...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です