まずは週末プチ断食のススメ 習慣化することで腸元気になります

まずは週末プチ断食のススメ 習慣化することで腸元気になります

みか夫くんは、
1日1食を実施中です

内藤

みか夫くん、そろそろ断食してみるかい?

みか夫

えぇ!?断食って、、1食にようやく慣れてきたのに、断食なんてしたら、食べ物が泣いちゃうよ!!

内藤

酵素ドリンクを飲みながらする断食なら、無理なく出来ると思うよ

みか夫

酵素ドリンクって、美味しそうだね。うん、断食、する


断食と聞くと、何を想像しますか?

坐禅を組んで、頬がこけた姿を思い浮かべる人もいるのではないでしょうか。

確かに、お釈迦様は、断食と坐禅瞑想によって悟りを開かれましたが、断食と坐禅は、とくにセットという訳ではありません。

そういう印象を持ってしまうのは、断食を、どこか宗教的な行いだと感じているからでしょう。

もちろん、瞑想をすることも宗教と関係がないことですが、宗教的だと感じてしまうのは、一般の日本人の共通認識なのかもしれません。

断食は、特別な事ではありません。ただ食べないことを選択すればいいこと、誰にでも、今すぐに出来てしまうことです。

しかし、断食を実行することを、なかなか人は選択しません。断食のイメージとして、普通に生活する上で必要のないことと思っていませんか。

断食は、何も意識せずに普通に生活している人にこそ、必要なのです。少食のすすめでもお伝えしましたが、現代人は食べ過ぎよって身体を害しています。

ドイツでは断食が文化として根付いており、ドイツ国民の15~20%が断食の経験があると言われています。『断食で治せない病気は医者でも治せない』という諺もあり、断食療法が医療保険の対象になる場合もある、国公認の治療法なのです。

断食は、まぎれもなく身体にとって最良の選択です。まずは、一人でもできるプチ断食、やってみませんか。


内藤のプチ断食体験

花粉症と便秘をどうにか治したい!

花粉症は、アレルギー反応なので、腸内細菌が改善されれば治るはず。腸内細菌が改善されれば、便秘もきっと良くなると信じておりましたので、腸の排毒(デトックス)をしようと思いました。

調べてみると、デトックスには断食が一番良いようです。

何日間にも渡る断食は、専門の方に見ていただいた方がいいですが、1日だけ食べないプチ断食だったら、別段気を付けなくても、出来ることも分かりました。

タモリさんも、毎週末は断食されていることを思い出しました。

1日何も固形物を食べないプチ断食を、2月26日の月曜日に実施しました。25日の夜に食べて、26日は何も食べず、27日の早朝に梅湯(梅干をといた白湯を大量に飲む)にて、排毒。

次の週の3月5日月曜日にも、プチ断食をして、翌6日の午前中に梅湯にて、排毒。

以降は、毎週月曜日に、プチ断食をしています。(梅湯は最初の2回のみ)

断食と少食、そして発酵食品を多く摂る食生活に切り替えたおかげで、花粉症も便秘も治りました!!詳しくは、▼こちらの記事▼をどうぞ。

【1日1食の生活実証】便が改善!花粉症も治りました もうすぐ少食2ヶ月のまとめ

断食の必要性

今の日本は、3食摂ることが当たり前の社会です。朝ごはんを食べなければ力が出ない、と聞く事も多いですが、私は、朝ごはんを食べたら身体がだるくなり、力が出ません。みなさんは、食後に眠くなったりしませんか?

それは、内臓が疲れているサインです。

体調が悪くなれば、たくさん食べて体力を養うと言いますが、体調が悪い時は、食べないで内臓を休めることが最も効果的です。社会で言われている当り前の事は、本当に事実でしょうか。

当り前だと言われている価値観から、どれだけ解放されることができるか、それが、ただ毎日消費されられている生活から抜け出すことに繋がります。

さて、3食当り前に食事を摂っていますと、内臓は、常に食べ物を消化するために働かなくてはいけません。

その結果、新陳代謝に使われるべきエネルギーまで消化に使われてしまい、身体はだるくなり、身体は弛み、思考が鈍り、精神的にも落ち着かなくなります。

食べ過ぎと、たんぱく質の過剰摂取、そして、添加物や農薬の多く使われた食べ物を毎日摂取することによる有害物質の蓄積によって、内臓は悲鳴を上げているのです。

その声に、耳を傾けなくてはなりません。あまり不摂生を続けていると、いつかて、さまざまな不調や病気として、表面化してくることでしょう。

日頃の生活の中で摂取される有害物質

 食事にて 
農薬、添加物、化学調味料、遺伝子組み換え食品、抗生剤、抗カビ剤、成長ホルモン剤、放射能、ダイオキシン等

 病院にて 
抗生剤、薬、ワクチン等

 経皮にて 
保存料、合成活性剤、脂溶性溶剤、石油系ケミカル等

 大気にて 
排気ガス、タバコの煙、農薬、PM2.5、黄砂、放射能等

この日頃の内臓の疲労と、有害物質を取り除いてくれるのが、断食です。断食によって得られる心身の好影響は、想像を超えたものになるでしょう。


断食による好影響

断食をすることによって起こる身体の変化は、良いことがたくさん!!

・胃腸が休まる

・肝臓が元気になることで朝の目覚めがスッキリする

・腸内環境改善が改善される

・便秘が改善される

・脂肪が燃焼される(痩せる)

・花粉症やアトピーなど、アレルギーが改善される

・にきびや乾癬など肌トラブルが改善される

・肌が綺麗になる

・免疫力が向上する

・有害物質が排毒される

・血流が良くなる

・サーチュイン遺伝子(長寿遺伝子)が活性化し、細胞が若返る

・血糖値が下がる

・慢性的な偏頭痛、腰痛、肩こりが改善される

・不妊が解消される

・味覚が戻り、食べ物がいつも以上に美味しく感じるようになる等々

また、断食と少食の実施により、末期癌や、大病が治ったという事例や体験談は、もはや当り前のこととして語られています。現代医学の只中にいるお医者さんの中にも、断食と少食の必要性に気付く方も出てきています。

ダイエットにも効果的(食べないで痩せる)

世の中には、さまざまなダイエット方法が紹介されています。バナナだけを食べるバナナダイエットや、食べたいものは食べるけれど、運動をして痩せたり、一食をダイエット食に置き換えたり。しかし、もっと簡単に、なんの道具を使わなくても痩せることのできる方法が、断食。

人は、食べなければ痩せます

とても当り前なことですが、食べなければ痩せていきます。数日に亘る断食では、1日に1kg以上痩せることもできます。

長い時間と、お金をかけて、痩せるか痩せないかを試すよりも、食べないことを選択してみませんか。

なにも恐ろしいことはありません。特別なことでもありません。ダイエットを希望でしたら、断食や、1日1食生活に切り替えれば、すぐに理想の体型になることができるでしょう。


正しい断食の仕方とは

断食は、食べないことを選択するだけ。そのことを最も身体に負担のないように、最も効果的にするためには、いくつか注意すべきことがあります。

断食のやり方

3日以上の長期の断食(ファスティング)は、専門のトレーナーや先生に見てもらいながらする方が良いとされています。しかし、1日~2日の断食でしたら、そんなに神経質にならなくても、実施いただけます。

断食は、準備期間と、断食期間と、回復食期間に分かれます。

プチ断食(1~2日の断食)では、準備期間(1日)、プチ断食(1~2日の断食)、回復食期間(1日)としています。

① 準備期間(1日)
夜ご飯は、軽めにしましょう。出来れば、乳製品(牛乳・チーズ等)や、肉・魚類、アルコールの摂取を控えると、内臓の負担が軽くなり、より効果的な断食となります
② 断食(1~2日)
固形物を摂らず、水分だけで生活します
③ 回復食期間(1日)
朝や昼に口にするものは、果物や、サラダ、具なし味噌汁等、胃腸に優しい物にしましょう。腹5分目程にするのが無難です。よく、重湯が良いと言われますが、プチ断食であれば、そこまで気にする必要はありません。夜は、肉・魚類はなるべく避けて、腹7分目くらいの食事を意識しましょう。回復食期間の翌日からは、普通の生活に戻して構いません。

断食中ですが、水分は、1日2L以上摂る必要があります。お腹が空いたときは固形物ではなく、水分を摂りましょう。

水だけしか摂取しない本断食が最も効果的と言われていますが、水だけですと、エネルギー不足を感じるかもしれません。

自分の無理のないように、水以外の水分を摂ってもいいと思います。結局のところ、無理なく続けることが重要です。

塩分は必要です。自然塩(できればマグマソルト)をなめるか、梅干(固形物ですが例外です)を1粒摂るか、具なしの味噌汁を摂るか、酵素ジュースを飲みましょう。

さて、水分には、飲んでもいい飲み物と、飲まない方が良い飲み物があります。

飲まない方がいい飲み物

コーヒーや緑茶などカフェインの入った飲み物

牛乳などの乳製品

アルコール飲料

スポーツ飲料水

これらは、肝臓など内臓の負担となり、せっかくの断食の効果が薄れてしまうので、控えましょう。同様に、タバコを吸われる方は、禁煙するのが望ましいです。

飲んでもいい飲み物

ルイボスティーなどノンカフェインのお茶

加糖していない無糖の野菜・果物ジュース

具なしの味噌汁

酵素ジュース

3日間以上の断食は

身体の負担が少ない、酵素ドリンクを飲みながらの断食をおススメいたします!日々過ごす上で必要なミネラルや乳酸菌を補給しながら行うので、安全で、空腹感も感じにくい断食になります。

ミネラルファスティング


断食の重要性が見直され、近年ミネラルファスティングという断食方法があみだされました。これは、断食中に酵素ドリンクを飲むことで、豊富な植物性乳酸菌、ミネラル・ビタミンを補いながら断食をするというもの。

従来の断食に比べ、身体への負担が少なく、それでいて新陳代謝や免疫力は高まり、脂肪が燃焼され、デトックス(排毒)効果も高いとして、実施される方が増えています。

酵素ドリンクを飲むわけですが、ミネラルファスティングの流行もあり、世の中には山ほど酵素ドリンクが出回っています。残念なことに、十分な効力のないものも多いため、私が検証し厳選した酵素ドリンクを紹介いたします。

まずは試してみたいという方に

酵素ドリンクは、だいたい7,000円はします。効果も実感できていないのに、いきなり買うのは気が引けるという方に、お試しトライアル版の酵素ドリンクがあります。まずはこちらを試してみてはいかがでしょうか。

酵素ドリンク ファストザイム

☑ 完全無添加
☑ 厳選した70種類以上の原材料
☑ 3年6ヶ月の長期熟成発酵の酵素&乳酸菌
☑ 乳酸菌を生きたまま摂取できる

ファストザイム トライアル版は、10ml × 10包 で送料無料2,000円です。

  ファストザイムについて詳しく見る



ミネラルファステイングを実施される方へ

実際にミネラルファスティングを実施していきたい方へは、優光泉がおススメ!断食の専門家が、ミネラルファスティングのために作ったドリンクです

長期断食のためのガイドブックも付いてますので、一人で自宅での断食でも安心です


☑ 完全無添加
☑ 厳選した国産の60種類以上の原材料
☑ 乳酸菌を生きたまま摂取できる
☑ 完全返金保証
☑ 断食のためのガイドブック付

優光泉は、550ml × 2本 で送料無料7,992円です。(定期購入だと6,372円)

  優光泉について詳しく見る


 妊活

眠いなど身体の異変が起きたら

プチ断食では、普段と変わらずに過ごすことができますが、数日に亘る断食では、身体に異変が起きる場合があります。

眠気・寒気

断食開始の2日目頃、とても眠くなるときがあります。これは、身体が食べ物を求めているのに食べることを選択しないので、余計なエネルギーを使わないように、眠気が促されるのです

また、同様に代謝能力も制限されることで、寒気を感じることがあります。これは、身体の正常な反応なので問題ありません。

身体が怠い、吐き気やふらつきがある

ミネラルが不足していることで起こる軽い脱水症状です。酵素ドリンクや、自然塩・梅干を摂りましょう。

便秘・便が出ない

食べないことで、出ていないだけ。気にすることはありません。断食が終わりましたら、また出るようになります。

下痢・水便が出る

水分を摂りすぎていたり、乳酸菌の働きにより、下痢の出ることがあります。腹痛がなければ、問題ありません。腸が綺麗になっていっていることなので、喜ばしいことです。

断食の効果をより高めたい方へ

断食によって、胃腸が休まり、腸内環境がリセットされる。その効果を倍増させるのが、回復食時の「梅湯流し」。梅湯によって、大腸内を掃除することによって、宿便を出し、腸内を綺麗にできる!!詳しく記事にまとめましたので、併せてどうぞ。

【実践検証】断食明けに「梅湯流し」で宿便を出す!より効果的な方法とは

まとめ

断食は、身体の不調を治す選択。自分の決意で出来る、確かな方法です。

ミネラルファステイングならば、他の断食と違い、空腹感も感じにくく、無理なく続けることが出来ます。筋肉を落とすことなくダイエットをしたい方にもおススメです。

私は、週1日の断食が習慣化しました。食べない生き方が身についてくると、それまでの食べ過ぎていた頃のことがウソのようです。人が生きていくということの認識が変わっていきます。

食べるという行為は、本来は生きるためのものでした。それが、現代では、食べ物を消費させられ、お金を消費させられ、身体が消費させられ、心が消費させられるものになっています。

まずは、週末のプチ断食から、始めてみませんか。自分の身体の為に、大切なパートナーの為に。

 

みか夫

身体が喜ぶ酵素ドリンクで、すっきり快調だぜ!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう