身体のことコラム

【花粉症の方必見】花粉症の治し方 原因と治療方法について まとめ ました

本日は、みなさまと花粉症について考えてみたいと思います!

花粉症は、自分の身体の花粉の許容範囲を超えた時点から、花粉症になる。コップに注いでいる水がいつか溢れるように、一度許容量を超えてしまったら、もう治ることはない。

そんな風に言われることもありました。

本当に、花粉症は治らないのでしょうか。みなさんも一緒に考えてみてみましょう!

花粉症の原因

人は常に、さまざまな公害にさらされております。

工場による大気汚染や水質汚濁、洗剤や柔軟剤による香害(化学物質)、食材に使われる農薬や食品添加物としての保存料や人工甘味料、タバコの煙、そして花粉症の時期の各種の花粉、これらに接することなく生きることは不可能でしょう。

年々花粉症の人が増えているのは、花粉の量が増えているからではありません。その人の花粉許容量の上限に達したからでもありません。

ちなみに、花粉自体は無害なものです。身体に入ることで、異物として免疫反応が起こり、花粉症の症状が出てしまう。

花粉症の原因は、花粉(アレルゲン)を取り除こうとする免疫による、アレルギー反応です。

つまり、花粉症の原因は、免疫の異常行動ということになります。

なぜこんなことが起こるのか。なぜ、年々花粉症の患者が増えるのか。花粉症は、なぜ治らないのか。

このことを、突き詰めて考えてみましょう。

そもそも、正常な免疫反応とは、どのようなものなのか。



有害物質と戦う免疫力

各種公害(有害物質)から身を守るために、私たちの身体の中では、免疫力が働きます。免疫力が強ければ、体内に入ってきた有害物質は、体内で駆逐され排毒されます。

それでは、もしも免疫力で駆逐できる量以上の有害物質に身体が侵されてしまったら、どうなるでしょうか。

それは、体外に有害物質を放出する方法をとるのです。

鼻水やくしゃみ、ニキビやアトピーもそうです。

体内に入って来た有害物質を体外へ追い出す(放出)とき、その方法はいくつかありますが、例えば、アトピーとして皮膚上から発散したり、花粉症やアレルギーを発症することにより、体内の有害物質を体外に追い出す役割があります。

つまり、正常の免疫力による駆逐では間に合わないために、症状を出さざるを得ない状況、ということになります。



現代人は免疫力が弱まっている

現代は、昔に比べて花粉が多くなっている訳でも、花粉の上限に達する人が増えた訳でもありません、免疫力が低下している人が多くなっているのです。

その免疫力の低下は、主に3つの要因で起こっています・

  1. 有害物質を取り込みすぎている
  2. 腸内環境が悪化している
  3. 潔癖症によるもの

それぞれ、詳しく見てみましょう。

有害物質(化学物質)を取り込んでいる

免疫力が高ければ、どんな有害物質が体内に入ってきても、駆逐する力があるかもしれません。

しかし、それも限度というものがあります。今の世の中には、有害物質が溢れすぎている。、

コンビニやスーパーで売られているパンや惣菜、お弁当の中に。毎日使っている洗剤やボディーソープの中に。日ごろから飲んでいるペットボトル飲料や、缶コーヒーの中に。空気中の排気ガスやたばこの煙の中に。

 食事にて 
農薬、添加物、化学調味料、遺伝子組み換え食品、抗生剤、抗カビ剤、成長ホルモン剤、放射能、ダイオキシン等

 病院にて 
抗生剤、薬、ワクチン等

 経皮にて 
保存料、合成活性剤、脂溶性溶剤、石油系ケミカル等

 大気にて 
排気ガス、タバコの煙、農薬、PM2.5、黄砂、放射能等

そういった有害化学物質を、自ら積極的に、毎日せっせと取り入れてはいませんか。

年々、花粉症の人が増えているのは、自らが日々、有害物質を取り込み、体内に蓄積して身体の負担を増やしているためなのです。

有害物質を駆逐するために、免疫力は日々いっぱいいっぱい。そこに花粉という異物が入ってきてしまったら、花粉症という症状を出して異物を外出させつより他はないでしょう。

また、有害物質の中には、親から受け継いだ有害物質もあります。

胎児の頃に、母親の胎盤を通して受け取るのです。親の代またその親の代・・・からの有害物質が脈々と受け継がれているのです。

母親の体内の有害物質は、胎児に移行していく。その連鎖によって、代を重ねるごとに、有害物質の濃度が濃くなっている。どこかで、その連鎖を止めなくてはなりません。

腸内環境の悪化

現代人は、生活習慣により、内臓の機能は低下し、腸内環境は悪化しております。

3食しっかりと食べ、甘いおやつなどの間食をする。添加物のたっぷり入ったコンビニ弁当や出来合いのお惣菜で済ませて、農薬や化学肥料によって育った野菜を食べる。

人工甘味料たっぷりのジュースや缶コーヒーを飲み、夜遅くまでお酒を楽しむ。

こうした日ごろの食べ過ぎや不摂生によって、内臓が疲れ果て、害されているのです。砂糖も摂りすぎています。ビタミンやミネラルが不足し、代謝がおろそかになっているのです。

腸内環境は悪化してしまい、活力ある免疫力が働かなくなります。

潔癖によるもの

潔癖により免疫力が低下している事実があります。

近年除菌の必要性が謳われるようになり、必要以上に殺菌・除菌がされるようになりました。

家でも、何でもかんでも除菌される方は、多いのではないでしょうか。

しかし、これでは免疫力が鍛えられない現状があります。

殺菌・除菌により、本来生活の中で自然に取り込まれるべき抗原(雑菌等)に出会わなくなってしまうのです。

抗原(雑菌等)に会わなくては、抗体を獲得することが出来ず、免疫力を発揮する機会もなくなってしまいます。

妊娠中に、土いじりをすると、母親だけでなく、生まれてくる子供も免疫力が強化されるそうです。

人間の基本的な免疫力は、生後2年で決まってしまうといわれています。子供に必要なのは、除菌ではなく、抗体の元となる抗原ではないでしょうか。

子供が一生、免疫力が低いために病気になりやすいことを選択するのか、強い免疫力で、風邪などもひかない子供にするのかは、親にかかっているという訳です。

日頃の生活の中で、有害物質を取り込みすぎている

食べすぎや不摂生、生活リズムの乱れにより、腸内環境が悪化している

過度な除菌や殺菌によって、抗体ができなくなっている

花粉症になる人、ならない人

花粉症にかからない人がいます。

その人は、人一倍免疫力が高いのかもしれません。免疫力が高いので、体内に入ってきた有害物質を、その場(体内)で処理することができる。

もしくは、人一倍、有害物質を体外に逃がすことが出来づらい体質なのかもしれません。

後者の場合、有害物質を体外に放出することができないため、身体の中に有害な物質が溜まっていきます。身体にとって有害な訳ですから、いつか身体に牙を向きます。

その時起こるのが、癌やその他の命に係わるような大病なのかもしれません。

つまり、花粉症やアトピーになるということは、大病(命に係わる病気になるほど手遅れ)にならないように身体が必死に排毒しようと働いているということ。

しかし、その排毒にも限界があります。

食生活や、生活習慣を改めなければ、いつかは身体が病気に侵されることでしょう。それは、身体を追い詰めた当然の結果だといえます。

花粉症とアレルギーについて

私は、こういった身体の反応は、どれも同じことが起こっているのだと思います。

外で歩いている時よりも、電車に乗っているときの方が、花粉症の症状が出ることはありませんか?

それは、乗車している人の洋服についている花粉に反応しているということもありますが、洋服についている化学物質(洗剤によるもの)や、香水や、シャンプー・リンス(化学物質)、タバコの香りなどに反応しているのです。

花粉症、化学物質過敏症、アレルギー、喘息、アトピーなど、これらは、自分の身体を守るために、免疫力が働いていることの結果です。

体内の免疫力では処理しきれなかった分を、そういった諸症状で出している。別の言い方をすれば、そういった症状を出すことによって、手遅れ(命の危険)になることを防いでいるのです。



花粉症を治すために

ポイントは3つです

  1. 有害物質を取り込まないこと
  2. 体内の有害物質を排毒すること
  3. 免疫力を高めること

有害物質を取り込まないこと

コンビニやスーパーのお弁当やお惣菜、菓子パンやカップラーメンを止めて、外食を控えること。

外で作られているものは、化学調味料や、農薬が使われた野菜、保存料なども使われています。

これらは、避けた方がいい。

スーパーで買う野菜も、出来ればオーガニック・有機栽培・自然栽培のものにしましょう。これは、有害物質を取り込まないように、ということもありますが、腸内環境にとってもプラスなことですし、何より美味しいです。

食べ比べると、よく分かりますよ、野菜本来の味の濃さが全然違います。

あと、シャンプーやリンス、化粧品も気を付けてください。大量の界面活性剤や着色料、保存料が使われています、それが、皮膚から体内に吸収されています。

歯磨き粉もそうです。

気を付けようと思ったら、日ごろの買い物全てを変えなくてはならないかもしれません。しかしその一歩が、自分と自分の家族の為の、大きな一歩だということを、忘れてはなりません。

毎日の生活の中で、取り入れる有害物質を少しでも減らしていきましょう。

排毒(デトックス)すること

身体の中に取り入れてしまった有害物質は、確かに蓄積されています。

一生懸命、免疫力が体外に放出しようとしていても、日々新たにせっせと取り入れてしまうのですから、当然ですね。

こうして体内に蓄積された有害物質を排毒する方法があります。

それが、断食です。

断食といっても、何日間もするわけではありません。もちろん、数日にわたる断食をすれば、それだけ身体はリセットされるでしょう。

しかし、なかなか日ごろの生活の中で長期の断食は難しいかと存じます。

そのため、私がオススメしているのは、1日だけのプチ断食です。

このプチ断食を習慣化するだけでも、体内の有害物質は、ちゃんと排毒されていきます。

プチ断食については、下記に詳しくまとめました。合わせてご覧ください

まずは週末プチ断食のススメ 習慣化することで腸元気になりますみか夫くんは、 1日1食を実施中です みなさま、断食と聞くと、何を想像しますか? 厳しい修行の...

免疫力を高める

免疫力を上げること、そのためには、腸内細菌のバランスを整えるのです。

これは、有害物質を取り込まず、排毒をする、それがベースにあっての話です。

免疫力は、腸で作られています。

免疫力は腸で作られていた!腸内を整えて免疫力アップの秘訣本日は、免疫力のお話です。 みなさん、人間の免疫力は、どこで活躍していると思いますか? 実は、私たちの身体に存在している免疫...

腸内環境にとって良い選択をして、免疫力を高めていきましょう!

体内に入る有害物質の量を減らし、腸内細菌を整えて、体内に蓄積されている有害物質を、体外へと排出(デトックス)することに努めましょう。

今すぐ効く薬

花粉症がつらい、体質改善をするよりも前に、とにかく症状を抑えたい方へ。

今すぐ花粉症に対して効く薬をお探しの方は、下記の記事をどうぞ

つらい花粉症の方へ 今すぐに効く!唯一オススメの薬はこれです  花粉症の薬 世の中には、花粉症の薬が多く出回っております。 市販の物もあれば、病院で処方してもら...

食生活の改善をしよう

もしも、今の自分から変わりたい気持ちがあるのなら、花粉症を治したい気持ちがあるのなら、食生活の改善に取り組んでみませんか。

私、内藤も花粉症でした。

はい、過去形です。食生活の改善によって治ったのです。

少食のススメその⑥【1日1食 実施編】便が改善!花粉症も治りました もうすぐ少食2ヶ月のまとめ私が、1日1食の生活を始めたのは、2018年2月6日火曜日からでした。 早いもので、あと1週間ほどで1日1食の生活を2ヶ月続けてい...

このブログでは、少食の大切さについて取り上げてきました。

現代人の食生活は、病気になるためのものといっても過言ではありません。

今の身体の不調は、すべて食べ過ぎによって起こっているとしても、それでもあなたは食べ続けますか?

食生活改善による、体質改善は、少し時間がかかるかもしれません。

今までの長い年月をかけて不健康になってきたのです、そう簡単に改善できるような方法はありません。

今すぐ自分のために出来る選択をすること。

食べ過ぎや不摂生からの改善、1日1食などの少食をオススメいたします。

ただ、1日1食ではきつい、という方は、まずは、朝食を抜いてください。それだけでも内臓が休まる時間がつくられます。

固形物を身体に入れない時間を、12時間作ることから始めましょう。

睡眠時間を入れて、朝か晩ご飯を抜けば、内臓が休まる時間ができます。

また、シュガーカットやシュガーコントロール(主に白砂糖断ちや砂糖の量の制限)も、かなり劇的な効果があります。

実際、砂糖断ちしたことによって、アトピーが治った方もいらっしゃいます。

自分の身体のための選択は、自分でするしかないのです。

みなさまの健康のために、確かな選択をして下さい。

少食のススメその①  少食のススメ 充実した日々のための選択みなさまにご提案したい食生活があります。 それは、1日1食。1日の食事を1食だけにするというもの。 どうでしょう!?1日1食...
お酒に酔うとは?

日本人の半数(50%)は、お酒に弱い遺伝子なんです!

泣き上戸の人がいれば、笑い上戸の人もいる。顔が赤くなる人もいれば、心臓がどきどきしたり、少量を口にしただけでも、気分が悪くなる人もいる。二日酔いになる人とならない人もいる。お酒に酔うとはどういうことなのか、調べてみました!

そして、どんな人でも飲めるようになる究極の方法があった!!

 

【驚き】お酒・アルコールが飲めるようになる方法があった!そもそも酔うとはどういうこと? アルコールに強くなり、お酒が飲め...

 

今、テレビでも大注目の健康法「かかと落とし」をご存知ですか?

1日5分で出来る簡単なエクササイズですが、効果は抜群!!

医学会でも大注目されている「かかと落とし健康法」についてまとめました

 

ダイエットにも効果的な運動『かかと落とし体操法』が万病に効く!私は普段、お医者さんにかからないで自分で健康を管理する!をモットーに、健康法や運動法を模索しているのですが、先日見つけた運動が、すごいん...

 

POSTED COMMENT

  1. 猫ちゃん より:

    実は子供の頃は回虫もいたし、風呂にも1ヶ月くらい入らないこともあった。
    それが花粉症やアレルギーがない原因ではないかと思っています。
    今の生活はあまりにもきれいすぎ。
    私も毎日二回風呂に入り歯を磨いています。それも丁寧になぁ。虫歯1本だけできてから食事のあとは風呂に入り歯を磨いています。でも歯磨き粉は使いません。
    それと腸内細菌は多分良い状態ではないかと思うのです。野菜を食べるようにしているからです。
    今娘には2〜3匹回虫を飼ったらどうかなんか書いたがなぁ。
    子供の頃は高度成長期に入る前かなぁ。その頃の人は多分、花粉症は少ないのではないかと思うのです。

  2. 内藤がらし より:

    猫ちゃんさま

    コメントありがとうございます。
    おっしゃる通り、私も、きれいずき過ぎるのが、花粉症の大きな原因の一つだと思っています。
    あまりいい話ではないのですが、私は大人になってから、「3秒ルール」を復活させました。
    床に落ちた食べ物を、落ちてから3秒以内だったら食べてもいいというものです(^-^)

    子供の頃は、土の上に落ちてしまったお菓子は、砂を払って食べていました、もちろん食中毒にはなったことはありません。

    除菌や殺菌、消毒と言われますが、そんな必要性があるのか(人様に提供する食べ物は徹底すべきだと思いますが)考え直すべきだと思っています。

    同じ様に考えていらっしゃる方がいて嬉しいです。
    コメントありがとうございます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です