身体のことコラム

先に進むために 新しいことにチャレンジすることよりも先にすべきこと

なす郎

とりあえず、行動しなきゃな。今までとは違う、新しい行動

内藤

常に、過去の自分ではない行動がとれたら、それは本当に素晴らしいね!

なす郎

変わらなきゃ。とにかく、どんどんチャレンジしてみるよ

内藤

そうだね、まずは、その気合が大切!がんばってね、なす郎くん

新しいことに挑戦すること

今までの自分ではない、新しいことに挑戦することは、とても大切なこと。
どんなことも、やる気、向上心がなくては、物事は先に進みようがありません。

さて、では自分の人生が向上するために、運気を上げて、更に先に進んで行きたいと思ったとき、何をしたらいいでしょうか。

ただ闇雲に動き回っても、なかなか人生は好転しません。新しい物事を始めて再スタートを、と思っても、なかなか上手くいかないことが多いでしょう。

物事や人生に新しい風を起こすというのは、ただ斬新なものを求めるだけではいけないのです。

やる気は大切、しかし、それでは変われないかもしれません


人が変わっていくということ

人が変わっていく、好転していくというのは、新しい物事を始めることで変われるのではなく、過去の様々なとらわれから抜け出すことで、変わることができます。

人は、過去のさまざまな出来事や、親や社会に言われたことによって、心の中に、自分ではない、とらわれた価値観というのを持ち合わせています。

そのとらわれた価値観は、実に日常生活に根付いており、自分では何にとらわれているのか、気付くことも難しいかもしれません。

自分でも気付いていないようなとらわれた価値観によって日々生きているのです。

自分らしく新しいことをやるためには、その価値観を、自分の心から、少しずつ剥がしてあげる作業が、まず必要なのです。

自分らしく生きるには、過去のとらわれから抜け出すこと


価値観を剥がす具体的な方法について

自分では気付かない価値観から抜け出すにはどうすればいいか。
世の中には、さまざまな教室があれば、本も出ている、自分が惹かれる新たな価値観と接することによって、過去の価値観と別れていくというのは、確かに大切なこと。

しかし、日常の中においても、できることがあります。それは、常に日常の中でアンテナを張り、他人が話すことや、目に付くもの、耳に入ってくるもの、そして他者から指摘されたことについて、いかに自分の感情を抜きにして、受け入れていくことが出来るか、ということ。

自分の身の回りに起きる出来事は全て、その中に自分が学ぶべきものが隠されています。

特別な場所に行かなければ、特別な本に出会わなければ、自分が変わるような大切なものが学べないのではなく、日常の中に、実は学びというのは散りばめられているのです。

それに気付くことができるかどうか、それによって、先に進むことができるかどうか、人生を変えることができるかどうかが、決まってきます。

よく、他人は自分の鏡だ、と例えられることがありますが、それは、至らない自分の周りには、その自分を写したような至らない出来事が起こる、ということではなく、本当に、鏡と向き合った時のように、自分自身と向き合う機会を与えて貰えるということ。

例えば、他人の行動に対してイライラしている自分がいれば、そんなことでイライラするのがあなたという人間なんだよ、と自分の現実を見せつけられているということです。

他人の鏡というのは、常に自分の内面を見つめる機会を与えてくれているということなのです。

そこで大切なのは、他人との出来事によって心がイラついた時に、他人のミスや行動を責めるのではなく、自分はそんなことにも腹を立ててしまうような、料簡の狭い人間なんだと、認めること。

日々、他人を通した鏡と向き合い、自分という人間をもう一度再認識してみましょう

どこまでが自分なのか

さまざまなことにイラついてしまう人は、意外と多いです。
そのイラつく心というのは、その人自身の心の本質なのでしょうか。

いいえ、そんなことはありません。そのイラつく心というのは、社会の中の価値観であり、代々親から受け継がれてきたもの。

イラつく心は、自分の本質ではない、他の価値観によるものなのです。

では、イラつく自分が自分ではないのか、といえば、それはやはりあなた自身と言えるでしょう。
自分の本質も、他の価値観も、すべて合わせて、自分の心。

では、どうすれば心がイラつかずにいられるのか。それは、自分がイラつく心を持っているということを認めてあげること。
自分の本質ではないにしても、まぎれもない自分の心のことなのです。

その本質以外のとらわれた価値観も含めて、あなたという人間。

決して、自分はこんなはずではないと、逃げてはいけません。逃げても、逃げようもないのです。持ち合わせたものなのですから。

自分の非や、料簡の狭さを認めてしまうことは、なかなか受け入れがたいかもしれません。しかし、認めることができれば、驚くほど物事は進んでいきます。それが、自分自身に素直になるということなのです。

素直になることが、自分の心の中のとらわれを剥がしていく作業に繋がります。
素直な心は、自分の本質と繋がっているのです。

心のとらわれた価値観や思い込みを空にして、事実を素直に受け入れるということ。それによって、新しい道が開けてきます。

自分の心の中の、とらわれた価値観を認めることこそ、素直に生きていくということ。素直な心には、現状を打破して未来を切り開く力があります

 

なす郎

一生懸命いろいろチャレンジしたんだけど、なんだかどれもパッとしなくて、続かないなぁ。

内藤

人は、熱血で行動しても、なかなか上手くいかないよね。一見そんなことないように思うかもしれないけれど。やる気は、空回りしてしまう。よっぽど、相応しい道に出会ったなら別かもしれないけれど

なす郎

その、相応しい道、早く見つけたいな。

内藤

なす郎くん、相応しい道を見つけるためには、その道に出会った時、その道こそ自分の道であると気づくことが出来るようになってないといけないよ

なす郎

そんなの、出会ったらわかるんじゃないの?

内藤

それが、そうもいかないんだよ。自分の心の中に、他人や社会の価値観が住み着いていて、それらが本質を見えにくくしているからね。その、とらわれているともいえる価値観を取り除くためには、自分の本質以外の価値観が自分の中にあるということを認めないといけない。

なす郎

なんだか、よく分かんないな。難しいってことだけは、分かったよ

内藤

まずは、気付くこと、そして識るということ。すべてはそこからだよ



今日のアドバイス

素直に自分を受け入れる。

 その3 
出会う人は、自分の鏡だと思って、自分の心の動きを見つめること。
そして、心の至らなさを認めて受け入れること。

 その4 
さまざまな価値観が合わさって自分が在る。
自分の本質は、心の中のほんの一部分でしかないことを知りましょう。

お酒に酔うとは?

日本人の半数(50%)は、お酒に弱い遺伝子なんです!

泣き上戸の人がいれば、笑い上戸の人もいる。顔が赤くなる人もいれば、心臓がどきどきしたり、少量を口にしただけでも、気分が悪くなる人もいる。二日酔いになる人とならない人もいる。お酒に酔うとはどういうことなのか、調べてみました!

そして、どんな人でも飲めるようになる究極の方法があった!!

 

【驚き】お酒・アルコールが飲めるようになる方法があった!そもそも酔うとはどういうこと? アルコールに強くなり、お酒が飲め...

 

みなさん、毎月の携帯料金はいくらですか?

2019年10月から、携帯料金が新しくなりました。

ドコモ、au、ソフトバンクの半額で、使い勝手は変わらない、ワイモバイルとUQモバイルに、申し込みが殺到しているんです!

 

【スマホ維持費】サブブランドの魅力!UQモバイルとワイモバイルを比較しました!格安SIMと同列で考えられることもある「UQモバイル」と「ワイモバイル」ですが、実際の使い勝手は、格安SIMとは全くの別物です。 ...

 

私、中学生の時分から近視で視力が悪かったのです。

しかし、ある方法を実践することによって、視力が回復しました!

 

【視力回復まとめ】視力は回復します!0.2→1.0まで視力が回復した方法「目が悪いのは治らない」 そう思ってはいませんか。 私は、中学生の時分から、メガネをかけてきました。一度悪くなった視力は回復...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です