SoftbankでSIMフリーを使う方法 スマホデビュー割や月々割は続きます

SoftbankでSIMフリーを使う方法 スマホデビュー割や月々割は続きます

SoftBankのSIMカードを、SIMフリーのスマホに差して使いたい人も多くいることと思います。

しかし、SoftBankのSIM(Android)には、IMEI制限がかけられており、SIMフリーの端末にそのままソフトバンクのSIMカードを挿入しても、通話はできてもデータ通信は利用できないようになっています(iPhoneは制限なし)

この制限は、DOCOMOやAUにはないもの

スマホの維持費を安くしたいと思い、おとくケータイなどで、SoftBankに安く乗り換えることが出来ても、使っていきたいSIMフリースマホでデータ通信ができなければ、せっかく乗り換えたのに失敗した、ということに成りかねません

そんなSIMフリーを愛用している皆様、朗報です

SoftBankには、SIMフリー機種でも使えるSIMが存在しており、そのSIMカードに変更することは、名目上は機種変更になりますが、契約上は変更なし、つまり、SIMカードを変更しても機種変更扱いにはならず、変更する前の割引が、そのまま継続されるのです


マルチUSIMカード(F)とは

概要

SoftBankに存在する、SIMフリースマホ専用のSIMカードのことをマルチUSIMカード(F)ZTWDK1といいます

このマルチUSIMカード(F)は、標準SIMのサイズですが、micro SIM(マイクロSIM)と、nano SIM(ナノSIM)用の切れ込みが入っており、その場で必要なSIMのサイズにカットすることができます

内藤

SIMサイズの大きさは気にする必要ありません

知名度が低い

このSIMカードの存在は、一般のユーザーにはほとんど知られておりません

それどころか、SoftBankショップの店員さんの中でもあまり周知されていないようです

私が先日問い合わせたSoftBankショップの店員さんは、初めて知ったようでした

ソフトバンク店舗の在庫は品薄

私が行った店舗はたまたま在庫があったのですが、店舗在庫がなかった場合、取り寄せとなります

長い場合だと1週間から3週間ほど待つこともあります

変更希望の際には、事前に店舗在庫があるか電話で確認するのがいいですね

変更に必要なもの

本人確認ができるもの(免許証や保険証など)と、使用したいSIMフリースマホ本体のみ

SIMフリースマホの技適マークと、製造番号(IMEI)を確認されます

国内で買われたSIMフリースマホであれば、問題ないでしょう

事務手数料は3000円

SIM変更手数料の3000円は、SIMの変更を依頼した月の使用料に合算されます


新規 持ち込み契約の場合

料金プランは、既存のソフトバンクのプランになります。スマホならば、スマホ用のプランとなり、特に割引も適用されないため、おススメできません。

もしも、SIMフリースマホでソフトバンクのSIMを使い、各種割引の恩恵を受けようと思ったら、新規で持ち込むのではなく、割引のあるプランでソフトバンクと契約した後で、持ち込み機種変更をしましょう。

例えば、おとくケータイを使って、月額500円や、キャッシュバックのある案件でソフトバンクと契約した後で、マルチUSIMカード(F)に変える。これならば、おとくケータイでの特別な割引を適用したまま、SIMフリーのスマホを使うことが出来ます。

おとくケータイの最新のキャンペーンは、こちら

【最新クーポン配布中】スマホ維持費0円!おとくケータイの特別キャンペーン【5/27まで】

持ち込み機種変更の場合、各種割引は継続

通常、SIMカードの変更は、端末の機種変更とみなされて、名目上は機種変更扱いになります。そのため、スマホデビュー割などの割引は、適用されなくなります

しかし、マルチUSIMカード(F)に限っては、月々割やスマホデビュー割など各種割引が継続されます

内藤

SIMフリースマホに変えても、変える前の契約が継続されるのは、ありがたい!

ソフトバンクでの自分の契約が確認できるマイソフトバンクでは、持ち込み(MATE 10 PRO)機種変更をした後も、現在の使用機種はSoftBankで初めに契約した機種(AQUOS Xx3mini)のままでした

SoftBankのシステム上、SIMフリースマホを確認・反映することができないために、初めに契約した機種(AQUOS Xx3mini)が今でも継続されていることになり、割引も継続されているのかもしれません

ちなみに、割引が継続されるかどうかは、その場のソフトバンクの店員さんにも何度も確認をしましたので、間違いはありません

※私が契約したのは、2018年1月。その頃と条件が変わっているといけませんので、マルチUSIMカード(F)への変更をお考えの方は、事前にソフトバンクに確認されるといいかもしれません

 

内藤の場合

私は、MATE 10 PROというSIMフリースマホで持ち込み機種変更をしました

MATE 10 PROはVoLTE対応だったため、マルチUSIMカード(F)に変えて、データ通信が可能となったおかげで、VoLTEでの通話も可能となりました

内藤

VoLTEでの通話が出来るようになり、音質が上がりました

月々の料金は、SIM変更前と変わらずに抑えることができたので、SIMカードを変更してよかったと思っています

それに、ソフトバンクとは、せっかくデータ通信の契約をしているのに、データ通信ができないのはもったいないですからね


デメリットもあります

しかし、いいこと尽くしではありません

なんと、このマルチUSIMカード(F)に変更すると、ソフトバンクの公式のサービスが、ほとんど受けられなくなります

Tカードの登録はかろうじてできますが、スマートログインの設定ができません。スマートログインとは、Yahooプレミアムが使い放題でYahooショッピングのポイントが常に10倍になるサービス

また、ソフトバンクの月々の支払いに使うことでポイントがどんどんたまるプリペードカード「ソフトバンクカード」の申込みができません

まだあります、SoftBankが開催するキャンペーン、例えば、サーティンワンアイスクリームの無料チケットや、吉野家の牛丼無料チケットも使うことが出来ません

内藤

マルチUSIMカード(F)を使って欲しくないという本音の表れなのかもしれません

ちなみに、マルチUSIMカード(F)に変更する前に、スマートログインとソフトバンクカードの手続きをしておけば、マルチUSIMカード(F)に変更した後も使えるかどうか、は不明です

まとめ

メリットは、SIMフリースマホでも通信ができるようになること

特に、おとくケータイなどで乗り換えたときは、最初の2か月間はデータ通信が20ギガもついています。それが使えないのは、少し勿体ない気がします

しかし、デュアルSIMの運用で、ソフトバンクは通話のみ出来ればいいのならば、SIMカードは変更しない方が無難でしょう

ソフトバンクユーザーというだけで、Yahooショッピングでの買い物が常に10倍、5の付く日はさらに5倍で合わせて15倍ものポイントがつく権利を、みすみす逃すのは、勿体ない

1万円買い物をしたら、1500円もポイントで還元される、こんなに利率の良いサービスはなかなかないですからね

内藤

通話のみでいいなら、変更不要です。データ通信が必要な人もいるかと思い、紹介いたしました

ちなみに、私がソフトバンクに乗り換えたおとくケータイの案件はこちらです

【公開】おとくケータイでMNPすると、いくらかかるのか 実際にかかった金額を公開いたします

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう