安全な野菜・果物の見分け方 スーパーでここを見ればいい

安全な野菜・果物の見分け方 スーパーでここを見ればいい

みなさま、最近はほぼ毎日、果物を食している内藤です。フルーツを食べている時間は、それはとても優雅なもの。毎夜の楽しみですが、口にする果物の安全性について、みなさまは考えたことがありますか。

今回は、安全な果物のお話です。


日本の農薬事情

市場に出回っている食材のほとんどは、農薬や殺虫剤が使われたもの。日本は、世界の中で農薬についての意識がとても低く、WHO(世界保健機関)の報告書で胎児への影響が危惧されている農薬や、水質汚染につながる肥料の使用量の規制もありません。

海外から外国の方が日本へ旅行に来るときに、旅行代理店から渡されたパンフレットに、日本の野菜は農薬が大量に使われているので食べないように、と注意書きがあるとの話も聞きます。

実際、日本の農薬の使用量は、中国、韓国に次いで世界で第3位という統計も出ています。日本の農産物の安全基準は世界でも類を見ないほど甘いものであり、大量に農薬を使っても残留基準をクリア出来てしまいます。農薬を使っても、商品価値を失わずに市場に流通することができるため、その作物が多く採れるように農薬をたくさん使うべきだと、JAが農家を指導しています。そして農薬を大量に売っているのです。農作の現場は、農薬利権によって回っているのです。

 

農薬の利権によって、食生活が害されていることに対して、もっと意識を向けなくてはいけません

農薬の危険性

大人の場合、残留農薬の継続的な摂取により、体内に蓄積された農薬は、農薬中毒症状を引き起こします。頭痛や目眩、知覚麻痺、運動麻痺や、呼吸困難、意識障害など神経や免疫への悪影響のほか、精神疾患にも影響があるとされています。また、具体的な症状の出ないものの、慢性的に身体に対して害を及ぼす、無症状中毒と呼ばれる状態の人は、かなり大勢いると言われております。

子供の場合、大人よりも毒を吸収する力が強いので、大人が気を付けてあげなければなりません。

そして何より怖いのは、胎児への影響です。

胎盤を通して、母親の有害物質は胎児へと流れ引き継がれます。胎児が有害物質の影響を受けると、アトピー性皮膚炎やアレルギー性皮膚炎をはじめ、運動能力や協調性への悪影響や、奇形児、先天性の脳機能障害、情緒障害、生殖器障害など、障害を抱えてしまう危険性が高いのです。

 

インスタント食品やファストフード、外食ばかりの食生活や、煙草やアルコールの日常的な摂取は、自分自身のみならず、自分の子供や、そのまた子供にまで、脈々と影響していくということを忘れてはなりません。心当たりがあり、改善する気があるのなら、排毒(デトックス)をするとともに、食生活を改めましょう

安全(オーガニック)な果物・野菜

有機栽培や、オーガニックと表記されていれば安心して買うことが出来ますが、バラ売りの食材はパッケージのないものも多く、判断が難しいところ。しかし、バラ売りであっても、農薬が使われているかどうか、知る方法があります。

野菜や果物に貼られたラベルシール。実は、このシールで、農薬を使っているのか、無農薬なのかが判断できます。

このラベルに記載されている、4桁、5桁の番号は、PLUコード(商品価格識別番号)と呼ばれており、世界共通の番号で、野菜や果物の商品管理のために種別ごと用いられています。その番号の桁数や、頭に使われている数字を見れば、野菜や果物がどのような行程で生産されたか知ることができます。

化学肥料使用

4桁で3か4で始まるコード(例)3107、4011等

一般的な商品であり、生産過程で化学肥料や農薬、殺虫剤などが使用されています。遺伝子組み換えではありません。

有機栽培(オーガニック)

5桁で9で始まるコード(例)94131、94285等
化学肥料や農薬、殺虫剤を使用していない有機栽培(オーガニック)

ちなみに

遺伝子組換え食物(GMO)には、5桁で8から始まるコードが充てられていましたが、一度も使われることなく、廃止されたようです。

農薬を落とす方法

果物や野菜の表面についた農薬は、重層を溶かした水に30秒~1分ほど漬けて、その後よく水で洗い流すことで、取り除くことができます。(漬けすぎると、野菜や果物から栄養が抜けてしまいます)

重層がない場合は、お酢や自然塩でも代用が可能です。塩の場合、刷り込むように表面を擦って落とすのも効果的。

バナナは、上から1センチほど切り落としてから食べましょう。


まとめ

食の健康を見直すと、食生活から食材から、世間で出回っている物・情報のほとんどが、不健康になるための仕組みの中にあることに驚きを隠せません。

食材一つとってみても、その影響は、自分一人だけでなく、子供や、その子孫にまで悪影響がある。正しい選択をして、子供たちに明るい未来を用意するのも、大人の役割ではないでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう