運動する

肩こりや猫背に効く!1日1分で出来るストレッチで姿勢改善へ

まめ子

最近、肩が凝っていけないわぁ

内藤

あら、お疲れですね、ストレッチされてますか?

まめ子

何やってもダメなのよ。また整体に行こうかしらね

内藤

まめ子さん、いいストレッチがあります。僕はそれで猫背改善できたのですが、肩こりも、楽になりますよ

まめ子

あら、やってみようかしら

姿勢改善ストレッチ

肩こりや、肩甲骨が人よりも出ていることで悩んでらっしゃる方、このストレッチ、とても効きます。

私は長年、猫背を改善したいと思い、整体に通ったり、猫背に良いストレッチをしてみたり、さまざま実践してきました。その甲斐もあって、大分姿勢が良くなったかな、と自分で思えるようになったのですが、肩甲骨だけは、出たまま。これはどうして肩甲骨が人よりも出ているんだろうか、どうしても改善できませんでした。

しかし、ついに見つけたのです。肩甲骨の出っ張りは、肩甲骨の辺りの筋肉のコリのせいであることが分かり、その筋肉をほぐしてあげることで、改善出来ることが判明しました。

このストレッチ、肩から背中にかけての関節や筋肉の緊張や張りをやわらげて、コリが改善されます。肩こりにも効果があり、背中がリラックスします。

そして、筋肉の緊張やコリによってズレていた身体の軸が正しくなり、姿勢も改善されるのです!

手を組んで前屈するだけ

ストレッチの具体的な方法について。とても簡単です。

① 足を揃えて立ち、後で手を組みます。

② 上体を倒し、前屈をしながら、手は上へ。この時、腕や膝が曲がらないように注意しましょう。

③ 上へ高く上げた腕は、そのまま前方の方へ、組んだ手を前のほうに伸ばします。ゆっくりと限界まで伸ばしましょう。

④ この姿勢をキープしたまま、腹式呼吸を5~6回(もっとしてもいいです)しましょう。

⑤ ゆっくり、1の体勢へ戻りましょう。

ポイントは、腹式呼吸

ストレッチの効果を、何倍にもしてくれるのが、腹式呼吸。

腹式呼吸が効果的なのは、このストレッチに限ったことではありません。

どんなストレッチであっても、腹式呼吸を意識して身体を伸ばすことで、それまでよりもはるかに効果的なストレッチになりますよ!

腹式呼吸のやり方

息は、鼻から吸って、口から吐きます。

① おヘソの下「丹田」を意識しながら、そこ(お腹の下部)が膨らむようにイメージをして、ゆっくり息を吸います。しっかりと、お腹を膨らませて下さい。

② お腹をへこませるようにして息を吐きます。横隔膜を上にあげるイメージで、息を吐ききってください。この時、吸った時間の倍をかけて、ゆっくりと息を吐き出しましょう。



身体が固くなる理由

どうして身体が固くなるのか。身体の固さは、神経の緊張によって起こります。

社会の中で、対人関係の中で、ストレスが多く、常に緊張したり、イラついていると、身体はこわばり、カチカチに固まっていきます。

心と体は連動しています。心が緊張すれば、身体も緊張する。心をほぐし、緩めてあげることで、身体もほぐれていきます。

腹式呼吸を実施すると、深い呼吸によって、自律神経の乱れが整い、身体がリラックスして緩んでいきます。

日頃から腹式呼吸を意識することで、心にも身体にもいい影響があるのです。

ストレッチ中に腹式呼吸をすると、身体が緩む体制になるので、普通にするよりもずっと効果的。是非、実践してください。



まとめ

簡単にできるストレッチですが、効果はテキメン!

1回、2回でも効果を感じますが、続けることでまったく違う身体になることができます。

私は、肩甲骨のでっぱりが気にならない程に小さくなりました。

肩の位置も、前に寄り気味だったのが、正しい位置に収まるようになってきました。

姿勢の悪さは、筋肉の緊張・コリにも原因があったのです。

姿勢の改善も期待できる、1日1分のストレッチ、腹式呼吸を合わせて、ぜひ、お試しください!

身体の緊張がほどければ、心も緩んでいきます。清々しい明日の為の、確かな選択です。

 

まめ子

これ、とても効くわぁ!
是非、あなたもやってみるといいわよ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ソフトバンクへMNP

知らない人が損をしている。ソフトバンクに乗り換えることで、スマホの月額は驚くほど安くなります。

ソフトバンクの正規代理店だから安心!キャッシュバックや一括0円案件が常にある!最新情報公開中!

 

【最新クーポン配布中】11/18まで!ケータイ乗り換え.comの特別キャンペーン公開中!毎日更新【11月14日更新】どこよりも早く最新情報をお届け!「ケータイ乗り換え.com」の、最新キャンペーンをご紹介します! Softba...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です