食事の選択

シュガーカット 白砂糖の危険性を知って、より良い食の選択を

 ~ とあるレストランにて ~

みか夫
みか夫
すみません、イチゴのタルトと、カボチャのプリンも、追加でお願いします!
内藤
内藤
みか夫くん、本当によく食べるねえ
みか夫
みか夫
だって、今がらし君に半ば強制された1日1食実践中だからさぁ、ようやくありついた食事だからね、好きなもの食べないと!
内藤
内藤
気持ちは分かるけれど、ほどほどにね。あと、甘いものは止めた方がいいよ
みか夫
みか夫
なんでよ!食べさせてよ!
内藤
内藤
みか夫くんが、今食べているケーキに使われているのは、もちろん白砂糖なんだけれど、白砂糖って、本当に危険なんだよ
みか夫
みか夫
なに、なにさ!怖いなあ、がらし君って、急に怖いこと言うよね。何が危険なのさ!?

当たり前に使われる白砂糖

どのお宅にも必ずあるであろう白砂糖。外食産業や、お菓子業界にも欠かすことのできない甘味料です。

黒砂糖や粗糖とは違い、たくさん使用してもその食べ物の色が変わらないことから、ケーキや和菓子には、必ずと言っていいほど使用されています。

その白砂糖、実は身体にとっても良くないんです。

そんなの知ってるよ、とお思いの皆様、その危険性は、想像を超えるものなのです。



白砂糖って、何が危険なの?

白砂糖の危険性は数知れず。

食は、命を繋ぐためのものであるはずなのに、食べれば食べるほど健康を損なう食べ物というのも、この世の中には存在します。

恐ろしいのは、そんな危険性のある食品が、ごく当たり前に、当然のように日々消費されているということ。

毎日摂取し続けて、病気になってから慌てて病院に行くのでは遅いのです。前もって予防できることに関しては、気を付けたいですね。

白砂糖が体に与える影響について、下記ご紹介させていただきます。

精製された上白糖の作り方・漂白はされているの?

白砂糖は、漂白されているから、その漂白剤が危険である。こんな話を聞いたことがあるかもしれません。

白砂糖の白さは、漂白されているからだという説がありますが、これは真実ではありません。

内藤
内藤
漂白されているから危険ということではありません

白砂糖の作り方について。

白砂糖は、原料のサトウキビを、煮詰め、不純物やミネラルなどを取り除いて作られています。こうして出来た上白糖やグラニュー糖の主成分であるショ糖は、無色透明の結晶であり、光の反射によって白く見えるのです。

それでは、漂白の害でなければ、白砂糖は、何が危険なのか。

白砂糖の害とは、その偏った性質によるもの。白砂糖を摂取することにより、その偏りを体内で補わなければならず、その結果、身体に様々な害が起こるのです。

白砂糖の影響・害について

砂糖は、身体にとって本当に必要なものでしょうか。

甘い物を食べれば幸せを感じる人も、疲れが取れるの感じる人も少なくないでしょう。しかし、それらは本当に事実でしょうか。

実際に、身体の中で起きていることに、気付かなければなりません。

まずは、食べ物を消化するということについて、体内では何が起きているのか考えてみましょう。

食べるという行為には、消化がつきもの。

食べ物は、身体の中で消化されますが、消化吸収するのにもエネルギーを使います。消化吸収に必要なものは、摂取した食材により異なりますが、基本的に、食べ物というのは、それ自体を消化するために必要な要素をある程度含んでいるものです。

しかし、砂糖・特に白砂糖は、サトウキビなどの原料が本来持っていた栄養素を根こそぎ取り除いて作っているために、それ自身は消化に対しての要素を一切持ち合わせてはいません。

砂糖を消化するためには、身体の中にあるミネラルやビタミンB1、カルシウムを大量に使う必要があるのです。

内藤
内藤
白砂糖は、体内のビタミンやミネラルを消費してしまう。それこそが、白砂糖のもたらす害の根本原因なのです

白砂糖は、ビタミンやミネラル等、消化に必要な栄養素が全くない、極酸性の食べ物。

弱アルカリ性である人間の身体にとって、極酸性の白砂糖は、摂れば摂るだけ、その極酸性の成分を中和・分解するために、身体の中から、大切なミネラルやカルシウム、ビタミンが消費されていきます。

カルシウムについては、体内の骨や歯を溶かして使用されるために、甘いものを摂ると虫歯になったり骨が弱くなるのです。

食べれば食べるほど、体内のミネラルバランスは崩れて、身体に様々な悪影響が起こっていきます。

ビタミンBが体内から減っていくと、欠乏症を起こし、様々な症状として表れます。

腸内では悪玉菌がどんどんと増え、活性酸素の増加とともに、血液は汚れていきます。

免疫力は低下し、肥満や老化、生活習慣病や、アレルギー、精神病や、発癌の原因等、数えきれないほどの恐ろしい影響があります。



白砂糖の害について

砂糖の悪影響については、アメリカの臨床栄養学博士ナンシー・アップルトン氏が下記の通りレポートにまとめています。

砂糖があなたの健康を損ねる124の理由(抜粋)

  1. ミネラルの吸収阻害を起こす
  2. 子供に活動亢心、不安、集中困難と気難しさを引き起こす
  3. 細菌感染(伝染病)に対する防御力を低下させる(免疫力低下)
  4. 組織の弾力を損なう。より多くの砂糖を食べるほど、あなたはより多くの弾力と機能を失う(皮膚や筋肉が硬くなる→老化促進)
  5. 視力を弱める。
  6. 低血糖症を引き起こす→ボーッとする
  7. 早老を引き起こす(老化の原因)
  8. 虫歯を引き起こす
  9. 肥満の原因
  10. 歯周病を導く
  11. 関節炎を引き起こす
  12. 喘息を引き起こす
  13. 多発性硬化症を引き起こす
  14. 痔を引き起こす
  15. 静脈癌を引き起こす
  16. 骨粗鬆症の一因となる
  17. インスリン感受性を低下させる(インシュリン抵抗性に関与)
  18. 成長ホルモンを減少させる
  19. 収縮期の血圧を上昇させる(血圧上昇)
  20. 子供に眠気をもたらし、やる気をなくす
  21. 食物アレルギーを引き起こす
  22. 糖尿病の一因となる
  23. 子供の湿疹の一因となる
  24. 心血管疾患を引き起こす
  25. 白内障を引き起こす
  26. アテローム性動脈硬化症を引き起こす
  27. 脂肪肝をつくる
  28. 便秘の原因のNO1である
  29. 頭痛(偏頭痛を含む)を引き起こす
  30. 学童の学力に悪影響を与え、学習障害を引き起こす
  31. 心の落ち込みを引き起こす
  32. 消化不良の原因
  33. アルツハイマー病の一因となる
  34. めまいを導く
  35. 癌を発症させる
  36. 妊娠中の女性の早産の危険性が倍になる
  37. PMS(月経前症候群)を悪化させる
  38. 副腎の機能低下を引き起こす(慢性疲労の原因)

名医は虫歯を削らない 虫歯も歯周病も「自然治癒力」で治す方法から抜粋
著者: 小峰一雄

また、イギリスのジョン・ワトキンス博士は「この世から白砂糖をなくしたら、精神病はすべてなくなる」と断言しております。

精神的に不安定な方が、甘いお菓子やスイーツに依存している場合が多いのも、悪循環から起こっていること。お菓子やスイーツに含まれる白砂糖によって精神的に不安定になり、砂糖の依存性・麻薬性によって甘いものを摂取するのを止められずに、尚更に精神が不安定になっていく。

これは何も精神病に限らず、砂糖が原因で起こる、すべての病気に言えること。砂糖には、麻薬性がある、ということが、問題をより深刻にしています。

精神病(日ごろのイライラ等も含む)の原因

慢性疲労の原因

便秘の原因

虫歯の原因

癌発症の原因

アトピーや喘息の原因

老化の原因 等々

砂糖の害は数多く、恐るべきものがあります。

しかし、私たちは、自分の身体の異変が、白砂糖の害であるなどとは、露程も疑わないのです。

みか夫
みか夫
砂糖って、すごく恐い食べ物じゃないか!

シガーカットのメリット!

砂糖を断ったら、良いことがいっぱい!メリットをご紹介します!

口内環境が改善される

虫歯は、砂糖による害としては広く知られるところ。虫歯にならないだけでなく、歯周病による日頃からの歯の痛みが無くなります

便秘が解消する

砂糖は、便秘の最も大きな原因だということは、あまり知られていません

砂糖断ちすることで、長年の便秘が解消します

イラつかなくなる

イライラすると、甘いものが食べたくなりませんか?

それは、砂糖の悪循環にハマってしまっています。砂糖を摂らなくなると、精神的に落ち着くので、イラつくことが少なくなります

味覚が敏感になる

白砂糖から離れると、自然の甘味に敏感になります

フルーツや野菜の自然な甘さを感じられるようになり、食事が美味しく感じられます

疲れにくくなる

肌がきれいになる

生活習慣病が治る

痩せる

などなど、身体に良いことがたくさん!



日常の様々なものに含まれる白砂糖

お菓子やスイーツは食べないないから大丈夫、と思っている方、本当に安心していいでしょうか。

もちろん、世間で販売され、提供される菓子やデザートのほとんどには、白砂糖が使われております、それらを摂らないことは、確かな良い選択です。

しかし、お菓子やスイーツ以外にも、白砂糖が大量に使われているものがあります。

それは、清涼飲料水。

コカ・コーラや、ポカリスエット、紅茶や缶コーヒー、カルピスや、缶チューハイの中にも、白砂糖は多く使われています。

また、スーパーやコンビニなどで販売・提供されている、加工食品の多くに砂糖は使用されています。

ケチャップやソースなどの調味料や、菓子パンや食パンなど市販のパンの中にも、白砂糖は使用されているのです。お弁当や惣菜などの味付けや、各種飲食店でも、当たり前に使われています。

これらの食品を摂らずに生活することが、出来ていますか。

WHO(世界保健機関)は、「成人の1日あたりの砂糖摂取量は25g程度までが望ましい」と指針を発表していますが、我々が日ごろ接する砂糖の量はどれほどなのか、おおよそではありますが、下にまとめてみました。

品名 砂糖の量
WHOの基準 1日25gまで
ショートケーキ1切れ(100g) 25g
プリン1個(100g) 15g
スポーツドリンク(500ml) 22g~55g
コカ・コーラ(500ml) 60g
カルピス(500ml) 60g
コーヒー(500ml) 50g
缶チューハイ(500ml) 10g~20g

甘い物を食べなくても、スポーツドリンクや、缶コーヒーなどを飲む方は、その1本だけで、恐ろしいほどの量の白砂糖を摂っています。

コカ・コーラを1日1本飲む人は、ショートケーキを1日4つ食べるのと同じだけの白砂糖を摂っているという自覚を持った方がいいでしょう。

内藤
内藤
飲み物の方が、摂取している砂糖の量が多いかもしれません

砂糖についての世間の嘘

砂糖を摂ることで、良いことがある!というキャンペーンが行われておりますが、それらは側面でしかありません。そう見える面・錯覚があるだけで、実際は、身体にとって悪影響があるということは、隠されています。

リラックス効果があります

頭にいい、脳にいいです

疲れが取れます

これらは、消費の拡大のための、マインドコントロールです。きちんと、身体と向き合い、事実と向き合って、正しく判断していきましょう。

どうして世界で当たり前に消費されているの?

身体にとって害であるのに、どうして世間では当たり前に消費されているのでしょうか。

知らされていない

ひとつは、危険性について、一般的にはまだまだ知られていないということ。

世間で当然のように消費されている物については、人はなかなか疑問を持ちづらいものです。

しかし、その当たり前の日常こそ偽りであり、社会の中で不健康に消費され続ける生き方を強要されているということに、気付かなくてはなりません。

麻薬性がある

ひとつは、麻薬性があるということ

白砂糖や人工甘味料を摂取すると、脳のアヘン剤受容体が刺激されて、ドーパミンが大量に分泌されます。

またエンドルフィン(脳内モルヒネ)が放出され、脳の快感中枢が刺激されるために、心地よい気分になります。血糖が急激に増えると、脳の中でセロトニンという快楽物質も放出されます。

甘いものを食べたときに、リラックス出来たり、疲れがとれたように感じるのは、このドーパミンやエンドルフィン、セロトニンによるもの。

これらが、砂糖の持つ、麻薬のような依存・中毒性の原因です。

甘いものが止められないのにも、理由があるのです。

人は、砂糖を摂ると快楽を覚えてしまう、しかし、快楽の素であるドーパミンは、増えすぎると怒りや、憎しみ、恐怖感などのネガティヴな感情が沸き上がり、感情の起伏が激しくなります。

また、白砂糖を摂ることによって引き起こされる低血糖が続くと、血糖値を上昇させるために、アドレナリンが放出されます。

アドレナリンが出過ぎると、思考力が減退し、集中力がなくなり、短気で怒りやすくなります。

白砂糖は、一瞬のリラックスとイライラを起こさせる食べ物なのです。

利権が絡んでいる

そして、ひとつは、そこに莫大な利権があるということ。

この社会の価値観を決めているものは、道徳や倫理ではなく、利権です。
利権が、世界人類から物事を搾取するための仕組みを作りました、それが、社会の価値観というものです。

この社会の価値観の中で生き続ける限り、人は身も心も消費されていきます。

利権の前には、正義の心や、正しい行いは、簡単に闇に葬られてしまいます。

多くの人々は、社会の価値観の中でただ従順に生きていく、という生き方をマインドコントロールされているのです。

現代は、インターネットが普及し、どんな人でも、知ろうと思えば正しい情報にアクセスできるようになりました。

正しく見える情報の中にも、誤りや、まやかしが数多くあるでしょう。メディアリテラシーという言葉がありますが、多くの情報の中から、正しい情報かどうか自分で取捨選択する必要があります。

しかし、とにかくまずは、知る意志を持つこと。

知らない・知る意志もないということは、自分の未来を自分で選択する機会を失っているのだという自覚を持ちましょう。

摂っても良い糖分はあるのか

精製された白砂糖や人工甘味料は、摂るのを止めましょう。

しかし、甘いものは食べたくなる時がありますね。

どうしても甘味が欲しくなったら、果物を食べるか、ミネラルやビタミンなど植物本来の栄養素が含まれた(残っている)、陽性に近い砂糖や甘味料を接種するように心がけましょう。

下記が、身体に負担の少ない甘味です。

精製していない黒砂糖

てんさい糖

米飴

メープルシロップ

ハチミツ

本みりん

果物や野菜の甘味

三温糖やグラニュー糖・ザラメは?

白い砂糖は、ミネラルが削がれたためにその白さですが、茶色い砂糖であれば、ミネラルが残っているのでしょうか。

摂ってもいい砂糖として、茶色い(黒い)砂糖を選べば大丈夫だと思っている方がいます。確かに、白い砂糖を避けることは大切ですが、茶色い砂糖の中にも、気を付けなければならない砂糖があります。

それが、三温糖や中ザラ糖。

三温糖や中ザラ糖は、上白糖を煮詰めてカラメル化させて作っています。ミネラルが残っているため茶色いのではなく、焦げているために茶色いのです。

そのため、上白糖と同じく、ミネラルは取り除かれているため、白砂糖と害は変わりません。摂るのは控えた方がいいでしょう。

まとめ

白砂糖の害は数知れず。

しかし、少食と同じで、白砂糖の害とシュガーカットの効果については、あまり知られてはいません。

気付いている人は気付いています。そして、こっそり砂糖断ちしています。

砂糖を摂らないという選択について、表立って声を上げることが出来ないほど、この世の中に蔓延っている悪質な価値観があります。

それらは当り前として、世の中に定着してしまっています。

例えば、隣人に砂糖の害を伝えたところで、「そうらしいわねぇ、摂りすぎには気をつけなきゃね」という話しとともに、「これ、美味しいのよ、少しだから食べてみて」という言葉と共に、甘い菓子が出されることでしょう。

なぜか人は、真実に対しては盲目的になってしまう。それは、真実を見つめてしまうと、自分の毎日が崩れていってしまうからなのかもしれません。

白砂糖を摂ることは、百害あって一利なし。確かな選択をするべきなのです。

また、大人は自分で選択することができますが、子供は、大人に与えられたものを口にすることしかできません。子供に与える物こそ、気を付けてあげたいもの。子供の生涯に関わる選択です、決して、間違いのないように。

シュガーカット(砂糖断ち)することで、本当にびっくりするくらい、身体の不調が改善します。

少食と同じく、万人に実施していただきたいことです。

まずは、みか夫くん、頑張ってね!

みか夫
みか夫
が、がまん、がまん!!!
内藤
内藤
みか夫くん、初めは大変だと思うけれど、がんばってね!!

 ~ 数日後 ~

みか夫
みか夫
がらし君、砂糖を摂らなくなってから、なんか調子がいいよ。
内藤
内藤
えっ!?みか夫くんなの???(まだ数日なのに、、)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ソフトバンクへMNP

知らない人が損をしている。ソフトバンクに乗り換えることで、スマホの月額は驚くほど安くなります。

ソフトバンクの正規代理店だから安心!キャッシュバックや一括0円案件が常にある!最新情報公開中!

 

【最新クーポン配布中】11/18まで!ケータイ乗り換え.comの特別キャンペーン公開中!毎日更新【11月14日更新】どこよりも早く最新情報をお届け!「ケータイ乗り換え.com」の、最新キャンペーンをご紹介します! Softba...

POSTED COMMENT

  1. はい より:

    ・誤字脱字が多い
    ・健康を害する理由~が、灰色の背景に白字で書かれているため見づらい

    • 内藤がらし より:

      はい様

      ご指摘いただき、ありがとうございます。
      健康を害する理由~の転載部分の文字色を変更しました。
      また、記事の文章について、改めて自分で読み直し、加筆いたしました。
      至らない文章ですが、こうしてご指摘いただき、少しでも読みやすく改善できること、有り難く存じます。
      これからも、ご指導いただければ、幸いです。
      ありがとうございます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です