食事の選択

少食のススメ 充実した日々のための選択

みか夫
みか夫
がらしくん、1日1食って、ほんと?
内藤
内藤
うん、今は、夜だけしか食べてないよ。
みか夫
みか夫
苦行だ!!なになに、修行中なの?どうしちゃったのさ!
内藤
内藤
身体にとって、楽な選択だったんだ。
みか夫
みか夫
いやいや、苦しいでしょ!?我慢でしょ!?僕なら、耐えられないけどなあ。
内藤
内藤
みか夫君も、やってみたらいいよ、すごく楽になるよ。
みか夫
みか夫
楽って、、死んで楽になるってこと?

不食という可能性

みなさま、毎日、ほとんどの方は朝昼晩の3食の食事をとっているかと思います。

もしも食事を摂らなければ、死んでしまうというのは、共通の認識でしょう。

しかし、この世の中には、太陽の光(プラーナ)だけで生きている人も大勢いるということをご存知ですか?

こうした、呼吸と太陽光だけで生きている方々は「ブレサリアン」とも呼ばれています。食事を摂らず、太陽の光を浴びるだけで、生きるために必要なエネルギーが摂取できるのです。

これは、夢物語でも、マジックでも、トリックがある訳でもなく、人体の可能性のお話。

また、ほんの少しの食事を口にするだけで生きている方々も、大勢いらっしゃいます。少食や、微食という生き方をされています。

食べるとは、確かに、食べ物から栄養を戴く行為ではあるのですが、それ自体の相応しい在り方については、それぞれの認識の問題なのです。

例えば、食べなければ死んでしまう、と思っている人が不食を選択すれば、死んでしまうでしょう。

しかし、食べなくても生きていけると思うことができれば、不食であっても生きていくことができます。

また、1日1食や、少食、微食でも十分だと思えれば、それで生きていけるのです。

人の生き方は、すべて自分自身の認識によって決定されている。

認識によって、存在そのものが定義されるということは、そこに人が生きる可能性があるということを表しています。

つまり人は、認識次第で、どうにでも生きていけるのです。

本当に心から信じることができれば、たとえ不食であっても生きていけるのです。

自分の認識によって、自分が定義されている。そのため、認識を改めることで、人生は大きく変わります。少食や微食、不食も可能です。



これからの食の在り方について

なぜ、不食や少食、微食の方々がいらっしゃるのでしょう。

その方々は、食べるのが嫌な訳ではありません。しかし、食べる幸せよりも、ずっと大切なことに気づいた方々だと言えます。

現代に生きる人々は、食事が足りていない方々も在りますが、先進国は特に、多くの食べ物を消費しております。

畜産や農業の在り方の問題や食糧危機もありますが、そうした外的な要因で食事量を減らしたというよりも、自分の身体と向き合い、自分にとって最も良い選択をした結果、不食や少食、微食に辿り着いたのです。

食事とは、その食べ物を消費するのに、自分の中のエネルギーを膨大に使っております。

こうしたエネルギーの浪費によって、身体が疲労し、老化しているのだとしたら、どうしますか?

今回、食の認識を改めて、どんな食事方法が自分の身体のためなのか、考え直す機会にしていただければ幸いです。



まずは、1日1食のススメ

私は、1日1食、夜だけ食事を摂っています。お肉は摂ることを止めました。魚は、機会があれば食べますが、そうでなければ、野菜だけの食事です。魚の出汁(かつおやアゴ)は使っています。

こうした少食生活の中で大切なことは、堅苦しく考えない・捉えないということ。何か思想があれば別ですが、こだわり過ぎるというのは、あまりよろしくありません。

私はお肉は食べませんが、魚も卵も乳製品も一切食べない!と決めているわけではありません、機会があれば、魚を買い、調理もしますし、卵も、乳製品も食べます。

上記の「食べない人たち」の著者のお一人である秋山弁護士も、普段は、食事も、お水すら摂られませんが、食事を誘われれば、普通に召し上がっておられます。

人から誘われることもあります、どうしても食べたくなることもあります。微食だから、1日1食だからといって、それ以外の食事は一切しないという強い気持ちを持っていたら、日々の生活は、とても苦痛なものになるでしょう。

頑なに自分の思考(食事スタイル)を貫き通すことは、少食・微食や1日1食の目的ではないのです。

微食や小食がススメられるのは、それが、自分の身体と心にとって、とても良い選択だから。身体に無理のない、健康でいるためのベストな食事法だから、実施したいと思えるのです。

決して、思想や信仰ではなく、現実的な、健康の問題なのです。

健康のために、少食をするのですが、そのことにこだわり過ぎずに、心の負担のない生き方をするということ

食べると眠くなる

私は、日ごろから、朝やお昼にご飯を食べた後は、瞼が重くなり、体がだるくなり、眠たくなっておりました。お昼寝ができるときには、しっかりとお昼寝をしました。これが普通だと思っていたのですが、なぜ眠くなるのでしょう。

これは、食べたものを消化するために、内臓が働いているからに他なりません。内臓が働くことにエネルギーを費やすので、他の行動が鈍くなり、休止モードになるので眠くなるのです。

では、眠くなるほど内臓が働くということは、果たして身体にとって良いことなのでしょうか。

私たちは、日ごろから、とかく食べ過ぎる傾向があります。常に臓器が休むことができず、内臓は働き続けております。そうした生活を続けていると、いつか身体は悲鳴を上げ、病気というかたちで自らを戒めることなる。

現代は、肥満や高血圧、糖尿などの生活習慣病にかかっている方も大勢いらっしゃいますが、それらは一様に、食べ過ぎや悪質な食事が原因である場合がほとんど。

また、その他の病についても、食事法を改善するだけで回復してしまうほど、食事が体に与える影響は大きいのです。

人の免疫力は、満腹時が最も低下しており、空腹時に最も高いということは、あまり知られておりません。病気になりたくなければ、食べないという選択が、最も効果的です。

栄養が足りないという勘違い

私が小学生の時分には、食のピラミッドがあり、その通りに食事を摂れば、栄養が行き渡り健康でいられるというものでした。給食では、毎食牛乳が出て、これがまるで健康の在り方なのだと、教育されてきたのです。

しかし、これが本当に健康の在り方なのでしょうか?

思い出さなければならないのは、資本主義は、すべて利権とお金を中心に成り立っているということ。これは、教育も然りです。

各産業が潤うためには、それぞれを消費してもらう必要があります。消費を促進させることで、市場を潤すという考え方です。

畜産業も、酪農も、漁業も、農業も、医療も、医薬業も、それぞれが潤うために、それが必要なのだという価値観を、人々に植え付ける必要がある。そのために日々さまざまな広告やTV番組、CMを流し情報操作して、学校教育・親の教育によって定着させているのです。

お肉を食べないから、力が出ない。偏った食事では健康になれないというのは、植え付けられた価値観であり、大きな勘違いであるということを認識しなくてはなりません。

偏った食事では健康になれないというならば、不食の人や、青汁だけで生活する人、また、お肉と少しの穀物だけを食べて生きている人について、説明がつかないでしょう。

何かがないから不健康なのではなく、何かが足りていないという認識が、不健康を創り上げるのです。足りていないと思う心が、実際に足りていない現実を作っている。

自分は満ち足りていると思えれば、身体はいくらでも順応できるのです。

食生活を楽しむ

どのような食事形態をとっても、大切なことは、食事を楽しむということ。

私は、朝から夕までは、身体が休める時間を設けて、夜は好きな食事を摂っています。晩御飯は、好きなものを、好きなだけ食べています。お酒も、たくさん頂きます。

夕食に食べたい物を食べたいだけ食べれているので、食事がとても楽しいです。

少食は、つらい苦行ではないのです。慣れるまで、1週間は、辛いかもしれません。しかし、少食によってもたらされることの大きさを思えば、たった1週間の辛さで、一生の充実と健康を得る、これは、実践しない手はありません。

私は、不食(食べない)ではなく、1日1食は自由に食べる、ということを選択しているので、心に苦しさもありません。

1日1食で得られること

食べないことで得られるメリットはたくさんあります。大きなものとしてあげると、一つは、健康。一つは、未来のための時間、そして一つは、パフォーマンスの向上です。

健康を得る

みなさま、お昼休憩に、ランチを楽しむでしょう。もしくは、食べなければ夜まで持たないからと、無理に食事を摂ることもあるでしょう。

しかし、食べなければ元気がでないというのは、植え付けられた価値観です。朝昼を抜くということで、元気がなくなるということは、在り得ません。これは、私が、身を持って体験しました。

朝昼を抜いて、力が出ないと思うのは、1日1食を始めた最初の3日から、長くても1週間だけ。その後は、その生活に身体が順応し、当たり前となり、なんの辛さも苦しさも、身体の不調もありません。

むしろ、身体が軽くなります、健康になっている実感があります。私の場合は、毎朝起床時に痛かった腰の痛みが無くなりました。口臭もなくなりました。

食べなければ元気がでないと思えば、その通りに元気はでないかもしれません。しかし、食べなくても平気だと思えれば、なんの問題もありません。

食べないことによって、さまざまな身体の健康を得ることになります。

未来に向けた自由な時間を得る

また、昼ご飯を抜くことにより、未来への活動の時間が生まれます。

会社勤めの方は、お昼休憩の時に食事を摂りますが、小食をすることで、その時間がまるまる空きます。

例えば、1日のうちに、1時間の自由な時間を得るのです。

自分を変えたい、自由を得たい、未来に向けた活動がしたいという方にとって、この1時間がどれほど有益なものになるのか、考えてみてください。未来に向けた活動ができるのです。

本を読むでもいい。ブログを書くでもいい。副職の時間に充ててもいい。

日ごろから、時間がないと思っている方がおられましたら、まずは小食をお勧めします。やりたいことができる時間が生まれる、この時間により、未来が開かれるのです。

パフォーマンスが向上する

食事をとっていないため、内臓が休めているので、頭が冴えて、好調になります。

日中眠たくなることもなくなります。また、睡眠時間も、以前よりも少なくて済むようになります。

悩む時間と、お金から解放される

朝・昼ご飯を何を食べようかと思い悩み考える時間から解放されます。

そして、それぞれにかかる食費からも解放されます。例えば、朝昼合わせて1日700円かかるとすれば、月に21,000円。それだけのお金が浮き、別の用途に使うことができます。

・健康を得られる

・未来への時間を得られる

・パフォーマンスが上がる



まとめ

人間は、食べなくても生きていくことができます。

食べなければならないという価値観は、今の消費社会によって植え付けられたもの。利権のために消費させられており、自分の身体のためにはなっていないということに、気付かなくてはなりません。

内藤
内藤
ぜひ、少食(1日1食)をおすすめ致します

初めの1週間、我慢して続けてみてください。決して、後悔することは起こりません。これは、内藤が約束いたします。疑ったまま、苦しいと思いながら実行すれば、良いことにはなりません。大切なことは、それが良い選択だと、信じること。

少食は、充実した日々のためにできる確かな選択です、ぜひ実施ください。

少食のススメ 【実施編】1日目~3日目これから少食を実施しようと思っている皆様、なんとなく興味のある皆様。 私が、実際に少食を思い立ち、実施した体験談を期間毎に記録いた...
少食のススメ 【実施編】4日目~7日目前回1~3日目に続き、私の少食の体験談を残します。 下記は、内藤の少食のルールです ・1日1食(夕食のみ...
少食のススメ 【実施編】8日目~14日目前回1~3日目 前回4~7日目に続き、私の少食の体験談を残します。 下記は、内藤の少食のルールです ・...
【1日1食の生活実証】便が改善!花粉症も治りました もうすぐ少食2ヶ月のまとめ私が、1日1食の生活を始めたのは、2018年2月6日火曜日からでした。 早いもので、あと1週間ほどで2ヶ月続けていることになります...
みか夫
みか夫
我慢するって、苦手なんだよなあ。そんな思いまでしてすること?
内藤
内藤
みか夫くん、辛さを感じるのは初めだけだよ、頑張ってみないかい
みか夫
みか夫
うーん、、できるかなあ
内藤
内藤
あんまりコチコチに考えないで、身体のためだと思ってさ。間食も、どうしてもって時はしてもいいから
みか夫
みか夫
そっか、じゃあやってみようかな!
内藤
内藤
そうそう、その意気だよ!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ソフトバンクへMNP

知らない人が損をしている。ソフトバンクに乗り換えることで、スマホの月額は驚くほど安くなります。

ソフトバンクの正規代理店だから安心!キャッシュバックや一括0円案件が常にある!最新情報公開中!

 

【最新クーポン配布中】12/21まで!ケータイ乗り換え.comの特別キャンペーン公開中!毎日更新【12月10日更新】どこよりも早く最新情報をお届け!「ケータイ乗り換え.com」の、最新キャンペーンをご紹介します! Softba...

POSTED COMMENT

  1. とくめい より:

    夕食のみの「1日1食健康法」を実施していると「職場で昼食を食べない」ために「職務放棄とみなされ減給処分などの冷遇をうける」、「昼食をしながら仕事の打ち合わせなども行うため不愉快扱いされ職場にいられなくなる」、「昼食を抜くため職場で仲間はずれにされる」のでいっそのこと「午前はA会社、午後はB会社のダブルワーク」などの苦労が発生。
    「午前と午後でダブルワーク」のため「非正規のパートで働く時間もお昼に移動時間が必要なため労働時間が6時間から7時間しか働けない短時間勤務となり収入は普通の人より少ない苦労を抱える」。夕食のみの「1日1食健康法」を実施するためには「労働時間が短くなる」、「お昼に別の会社に移動する時間が発生する」、「午前と午後で別会社でのダブルワークのため正社員につけない」など「大変苦労します」。「健康を手に入れるには大変な試練を受けなければなりません」。厚生労働省が「いい加減な健康法」の「1日3食」を強制し「ごはんを残してはいけません」と洗脳することで「世間のみんな」から「1日1食実施者」は「非国民扱いされ大変苦労しています」。「1日3食」は権力者が「お金儲け」の目的でつくった「システム」で「健康を考えていません」から「病院」ができたのです。「1日1食」は風当りが大変強く、「厚生労働省の敵」ですが、「少数派の支持者が1人でも存在する限り」「生存できるよう」に「社会システムを作ってください」。「昼食を抜く」ことで「正午になるといやがらせを受けることをさける」ため「午前中はA会社で勤務して、午後はB会社で勤務するダブルワーク」をするため「職場を2つに分ける必要がある点」と「お昼の移動時間が余分に発生する点」で「8時間勤務が難しくなり6~7時間勤務となる点」、「正社員になれず非正規で働くしかなくなる点」、「給料が非正規で少なくなる点」を考慮してほしい。
    「日本では権力者の敷いたレールからはみ出す者がどれだけ苦労するか」、「権力者のシステムが合わない者がどれほど苦労するか」を真剣に考えてくださいね。「一様の社会づくり」が「どれだけの人を苦しめているか」も。「~をしなければならない」が「いかに迷惑か」を。「自殺大国ニッポン」を作っているのは「様々な制度、規則、法律」なのかもしれませんね。「偉そうに規則に従いましょう」と言っているが「規則」こそ「最大の悪」かもしれませんね。「東京大学名誉教授」の「加藤寛一郎先生」のあり難い著書「1日1食減量道」、読んでみてください。「1日3食」は「病気をつくるもの」。「がん」は「病ダレ」に「口が3つ」。「1日3食」が「癌の原因」、「病気の原因」と「先人」が伝えています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です