少食のススメ 【実施編】4日目~7日目

少食のススメ 【実施編】4日目~7日目
ないとう

前回1~3日目に続き、私の少食の体験談を残します。これから、少食を始める方の参考になれば幸いです。

 


少食開始、4日目~7日目

4日目 59,8kg
5日目 60.1kg
6日目 60.5kg
7日目 60.7kg

3日目を越えると、だいぶ慣れてきたかな、という感じがしました。
しかし、3~4日目頃は、鏡を見ると、自分が痩せたな!と思うくらい、背中や、お腹のお肉が落ちました。
実際、体重も落ちてきており、自分では、痩せたくはない思いがあったので、このまま続けて痩せるようなら、食べ方を考えなくては、と思っていました。
しかし、5日目以降は、夕食だけでも体重が増え始め、元に戻り、維持することが出来るようになりました。

食事を摂るとは、回数でも、量でもなく、その与えられた食事から、どれだけ栄養を摂取できるか、なんですね。
私の身体は、どうやら1日1食の生活に順応したようです。

昼食には、時には、バナナを食べ、時にはいただいた煎餅を食べ、と、絶対食べない!という強い意志ではなく、食べない方が心地がいい、という意識で過ごすことができました。

もちろん、朝や昼にしっかり1食いただくということは、していません。というより、バナナやおせんべいであっても、食べればお腹が満たされ、もう少し食べようものなら、瞼が重くなり、内臓が働いている、と感じるので、食べようという気になりませんでした。

夜は、1~3日目のようにお雑炊を食べるのではなく、カレーやパスタなども食べました。

1~3日目は、お酒も欲しくない感じだったのですが、4日目以降は、だんだんとアルコールも欲しくなり、いつも通り(少食前)と変わらない感じで飲むようになりました。

7日目を終えて

体力的にきつい、と感じることも少なくなり、少食前と、身体の元気は変わりありません。
みしろ、体感として前よりもずっと元気!という感じがします。身体が、軽いんです。

夜の睡眠時間も、前ほど眠くなることもなく、少なくて済むようになってきました。
夜の睡眠も、多くは、食事を消化するために使っているのですね。
朝昼と内臓を休めているので、内臓もずいぶん調子がいいようです。

嬉しいのは、便秘気味だったのが解消されつつあるということ。
便秘も、食べ過ぎの影響も大きかったのですね。

少食を始めて分かったことは、食べない、を選択することによって、身体の負担がないということと、心の負担がずっと軽くなるということ。
食べることをしていた時間がまるまる空いて、時間が随分と出来たので、なかなか読むに踏み切れなかった読書の時間ができたり、パソコンを触る時間ができたり、以前からずっとしたかった、写経をする時間もできました。
時間がないと言って、やりたいことから逃げていた毎日よりも、やりたいに挑戦できる毎日になったことが、一番の収穫です。

小食のススメ 【実施編】8日目~14日目

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう