少食のススメ 【実施編】8日目~14日目

少食のススメ 【実施編】8日目~14日目
ないとう

前回4~7日目に続き、私の少食の体験談を残します。これから、少食を始める方の参考になれば幸いです。

 


少食開始、8日目~14日目

体重の推移(朝起きてすぐの体重)

8日目 61,1kg
9日目 61,5kg
10日目 61,7kg
11日目 61,7kg
12日目 61,4kg
13日目 61,1kg
14日目 61,5kg

61kg台をキープしています。この体重は、少食前と変わらないです。

小食(朝・昼を抜く)をしても、体重の変化がないことは実証できました。

日中、お腹が空く感覚は、ないこともないですが、辛さは感じません。

空腹が心地よいと感じることが出来ています。

私は、日中は仕事をしているので、晩御飯をゆっくり食べることを選択しましたが、ゆっくり食べる時間がある方は、夕食ではなく、朝や昼でも良いと思います。

食事は、ゆっくり楽しく食べることで、消化によく、ストレスも溜まりません。

3食、食べたいものを我慢して制限した食事を摂るよりも、1食、好きなものを好きなだけ食べる方が、間違いなく身体にとって良いことになるでしょう。

1日に3食のうちの2食を抜くと、自然と食べ過ぎまでは食べれない身体になるので(食べ過ぎたら身体が反応して自分で分かります、自分の身体の声に敏感になるということ)、内臓の負担もずっと減ることでしょう。

 

下記の本には、1日1食を実践した体験者の話や、小食の効能についてまとめられています。

私が実感した少食の効能

① 食べ過ぎによって表れていた身体の不調が治っていきます。糖尿病などの生活習慣病等。口内環境も良くなります。

② 免疫力が高くなるので、病気にかかりにくくなります。(風邪やインフルエンザ等)

③ 頭が冴えて、仕事がはかどります。日中も眠くなりません。

④ 身体が軽くなります。(内臓が疲労していたことによる腰の痛みもなくなります)

⑤ 睡眠時間が短くなります。(消化に時間がかからないため)

⑥ 食費が減り、買い物も楽になります。

⑦ 時間ができるので、未来のための仕事ができます。(副業や勉強など)

⑧ 食事のことで、余計な悩みがなくなります。

⑨ 食事の美味しさを実感します。(五感が敏感になる)

その他、効能

⑨ 余計な贅肉がおちて、身体が引き締まる。

⑩ 不妊症が直る。

⑪ カロリーが制限されることにより、寿命が延びる。

⑫ 体内の毒素が減り、肌が若返る。

 

 

少食は、今よりもずっと健康的で、元気で充実した毎日のための、確かな、より良い選択です。

他人の言葉ではなく、自分の感性を信じて、後悔することのない、素晴らしい人生を歩んでいきましょう。

そのためにも、ひとつひとつ、正しい選択をしていくことが、より良い未来のための道なのです。

少食のススメ 充実した日々のための選択

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう