食事の選択

ある日の内藤の食事をご紹介 1日1食、続けています

1日1食を続けて、1か月が経ちました。

私は、日中は仕事をしておりますので、1日の1食は夜にいただいています。

身体はすっかり1日1食に慣れてしまい、日中に固形の物を食べることはなくなりました。

今回は、私が日頃どんなものを食べているのか、ご紹介いたします。



ある日の食卓

まずは、フルーツを食べます。この日は、リンゴ、ぶどう、みかん

また、フォークでつぶしたバナナに、すりおろした人参と、水で戻した干しブドウ、粉末のアーモンドをかけたものも食べました。
この組み合わせは、船瀬俊介さんの著書の中で紹介されていたもの。なんでも、ローフード(生菜食主義)の先駆者ノーマン・ウォーカーさんが好んだ食べ方だとか。他にない味わいで、とてもおいしいです。

フルーツの後は、お酒を飲みます。最近のお気に入りは、赤ワイン。干しブドウと、カマンベールチーズ、ナッツ類でいただきます。

そのあとは、生野菜のサラダ。春菊、レタス、カブ、人参を、リンゴ酢とレモン汁に少し白だしと塩とオリーブオイルを加えたドレッシングで食べました。

メインは、真鯛のポワレを食べました。根菜を添えて、バルサミコに醤油と甜菜糖を加えたソースでいただきました。お魚は、毎日ではなく、1週間に1度くらい、気が向いて、ゆっくり食べれる時にいただいています。

また、一緒に酵素玄米もいただきました。週に1度炊いて、保温しながら毎日少しずつ食べています。

この日は、祝日で早めからゆっくりと食べ始めたので、少し食べ過ぎてしまいました。

この他では、納豆に大根おろしを混ぜたものや、自家製ザワークラウトや、自家製豆乳ヨーグルトが我が家の定番です。

 

1日1食にして、とても良かったと、日々感じています。

食事を味わう、ということがこんなにも楽しいことなのかと、思えるようになりました。食事をしている時間は、とても楽しいです。

1日1食にしてから、味覚が鋭くなったことによって、今までよりも食事を美味しいと感じるようになりました。

特に、赤ワインとナッツやレーズンを食べているときの至福感といったら、、、

また、食事に意識が向いたことによって、酵素玄米やザワークラウト、豆乳ヨーグルトなど、食べる食材を育てて作る楽しみも増えました。

みなさまにおかれましても、毎日の食事が美味しく、楽しくありますように。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ソフトバンクへMNP

知らない人が損をしている。ソフトバンクに乗り換えることで、スマホの月額は驚くほど安くなります。

ソフトバンクの正規代理店だから安心!キャッシュバックや一括0円案件が常にある!最新情報公開中!

 

【最新クーポン配布中】10/26まで!ケータイ乗り換え.comの特別キャンペーン公開中!毎日更新【10月19日更新】どこよりも早く最新情報をお届け!「ケータイ乗り換え.com」の、最新キャンペーンをご紹介します! Softba...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です