食事の選択

ベジタリアンの種類と、ヴィーガンに替わる「プラントベース」を知っておこう

私、内藤は、お肉は食べません。

お肉の出汁やブイヨンを使った料理も食べません。

俗にいう、ベジタリアンというやつです。

でも、チーズや卵、お魚はいただきます。

ベジタリアンというのは野菜をメインに食べる食選択の総称であり、例えば、お肉・お魚・卵・乳製品を一切取らず完全な菜食主義であるヴィーガンや、お肉は食べないけれどチーズや卵、お魚を食べる内藤のようなペスコ・ベジタリアンなど、食べる食材によって細かく定義されております。

内藤

そう、私は、ペスコ・ベジタリアンなのです

みか夫

がらし君、すごいよね、僕はなかなかお肉やめられないな

しかし、いきなり「ペスコ・ベジタリアンなんです」と言われても、「はぁ、そうですか」ですね。

日本では、ほとんど総称であるベジタリアンという言葉で語られており、ヴィーガン以外のベジタリアンの種類については、周知されていないのが現状でしょう。

ペスコ・ベジタリアンである私も、ペスコ・ベジタリアンという言葉を最近知りました。

私は、外食をする際には、「お肉が苦手なのですが、入っていますか?」と聞いています。

例えばそこでお店の方に、「ペスコ・ベジタリアンだから、よろしく」とお伝えしても、「はぁ、ペスコさんですか」ですね。

おそらく、今後も日本ではベジタリアンという総称とヴィーガン以外は広がらないでしょう。

ベジタリアンの種類

ざっと、ベジタリアンの種類をまとめてみます。

ベジタリアンの種類
牛・豚 魚介 乳製品
ビーガン
(ヴィーガン)
ラクト・ベジタリアン
(乳菜食)
オボ・ベジタリアン
(卵菜食)
ラクト・オボ・ベジタリアン
(乳卵菜食)

また、下記は、国際ベジタリアン連合等がベジタリアンと定義しないグループ。

スード・ベジタリアン(Pseudo-vegetarian:擬似ベジタリアン)と定義されています。

ペスクタリアン
(ペスコ・ベジタリアン)
ポロタリアン
(ポゥヨゥ・ベジタリアン)

なんと調べてみると、ペスコ・ベジタリアンは、ベジタリアンではありませんでした。

内藤

私は、擬似ベジタリアン、だそうな

ビーガン(Vegan)

完全菜食主義者。

ヴィーガンは、肉や魚や卵や乳製品を食べない人たちのこと。

ハチミツも食べません。動物性の加工品は一切食べません。

衣住に関しても、動物製品(皮製品・シルク・ウールなど)を避けます。

ダイエタリー・ビーガン (Dietary Vegan)

食についてはビーガン同様ですが、食用以外の動物の利用を必ずしも避けようとしない人たちのこと。

ロービーガン(Raw Vegan)

生菜食主義者。

ビーガン(Vegan)の中でも、加工さていないものだけを食べる菜食主義者。ローフーダーと呼ばれる。

フルータリアン (Fruitarian)

ビーガン (Vegan) の中でも、植物を殺さない(絶やさない)食品のみを食べる人たちのこと。

果物や、ナッツなどを食し、木になる野菜以外は食べません。

例えば、リンゴの実を収穫してもリンゴの木は死にませんが、ニンジンは収穫すれば殺すことになってしまうので、ニンジンは食べないのです。

また、草木からもぎ取らず、落ちたフルーツ・果実しか食べないフルータリアンもいます。

ラクト・ベジタリアン (Lacto-Vegetarian)

乳菜食者。

植物性食品に加えて乳・乳製品などを食べる人たちのこと。

オボ・ベジタリアン(Ovo Vegetarian)

卵菜食者。

植物性食品と卵を食べる人たちのこと。

別名で、エッグ・ベジタリアン/エガタリアンと呼ぶこともあります。

ラクト・オボ・ベジタリアン (Lacto-Ovo-Vegetarian)

乳卵菜食者。

植物性食品と乳・卵を食べる人たちのこと。

牛乳やチーズなどの乳製品の他に、卵も食べるタイプで、欧米のベジタリアンの大半がこのタイプです。

ペスクタリアン (PESCETARIAN)

ペスコ・ベジタリアン(Pesco-Vegetarian)魚乳卵菜食者。

植物性食品と乳・卵に加えて、魚介類を食べる人たちのこと。

フィッシュ・ベジタリアンと呼ばれています。

ポロタリアン (Pollotarian)

ポゥヨゥ・ベジタリアン(Pollo Vegetarian)

植物性食品と乳・卵以外に、レッドミート(牛、豚、羊などの獣肉)を避け、ホワイトミート(鳥肉・魚介類)を食べる人たちのこと。

セミ・ベジタリアン (SEMI-VEGETARIAN)

普通の人と比べて肉を少なく食べる人たちのこと。



マクロビオティック

日本で生まれた食事法であるマクロビオテック。

玄米や全粒粉を主食として、主に豆類、野菜、海草類、塩から組み立てられた食事であり、玄米菜食やマクロビ・マクロバイオティックとも呼ばれています。

身土不二、陰陽調和、一物全体といった独自の哲学があり、体質改善、生活改善するための平和運動を伴った思想を持っています。

ビーガンと同じように完全菜食ですが、卵については病気回復の際に使用する場合もあります。

日本のオーガニックレストランで出される食事は、玄米を主食としたマクロビオティックご飯が多いです。

ベジタリアンの方は、マクロビオティックのご飯と聞けば、安心して食べることができます。



どうしてベジタリアンなのか

人がベジタリアンになるのには、様々な要因が考えられます。

大きく分ければ、宗教的な要因と、思想的(倫理・環境問題)な要因があるでしょう。

ちなみに、私は思想的なペスコ・ベジタリアンです。

ここからは私の個人的な見解ですが、食事というのは、自然の恵みを頂くという行為だと思っています。

肉食について、植物のあまり育たない地域に住んでいる人が、生きるために肉食をしていることは、自然の摂理。生きるために食することは、当然であり自然的な行為です。

感謝をして、自然の恵みを頂く、そこに問題はありません。

肉食における問題は、人の欲を満たすための殺戮にあると思っています。

最低限の生きていくための狩りでなく、お金のために象牙を集めるためだけの殺戮や、革製品を作るためだけの殺戮、そして畜産という殺戮にあると思っています。

人間の楽しみや欲のためだけに、育て、殺す。

これほど身勝手で恐ろしい行為はないでしょう。

生を全うして死んでいった動物から、毛皮を頂いたり、革を頂いたり、血肉を頂戴するのは、有り難い自然の恵みですが、お金目的のために殺戮されるのは、いかがなものでしょうか。

また、畜産について、飼育で使われる肥料や水があれば、世界中の餓死で亡くなる最貧困の方々の食事が全てまかなえてしまうというデータがあるそうです。

贅沢をしたい人たちのために飼育され殺されていく家畜のために、餓死で亡くなる人々がいる。

そして、牧草地のためにどんどんと木々が伐採され、自然環境や生態系が崩れていく。

それは、果たして当たり前の世界の在り方なのでしょうか。

これがずっと続いていいのか、そのことにもっと問題提起するべきなのではないでしょうか。

ベジタリアンへの批判

よくあるベジタリアンに対する批判の中に、「動物を殺すのはダメで、植物を殺すのは何故いいのだ」というものがあります。

ペスコ・ベジタリアンは魚介を食べますので、「動物を殺すのはダメで、何故魚はいいんだ」とも言われます。

これはやはり思想的な議論となりますが、私は、自分が食べるために殺して、食べるのなら、食べたい人は食べたらいいと思っています。

これは、生きるために食べる、という観点からです。

きちんと感謝をしていただくのならば、良いと思っています。

しかし、ニンジンを畑から抜くことと、牛や豚をナイフで殺すことを同じ感覚でできる方は、いないでしょう。

結局、肉食をしている人、とくに先進国の人間は、動物を殺し、さばくことは人にさせているのです。

そうして、おいしいとこ取りをしている。

食べ物に対する感謝の心が生まれずに、畜産の殺戮をなんとも思えないのは、自分の手を汚していないからではないでしょうか。

食べるために自分で動物を殺さなければならないとしたら、それでも肉食を選び続けますか。

批判をする前に、現状を把握していただきたいのです。

家畜が、どのような方法で飼育され、殺されるのか。

見たくないものは見ない、知りたくないものは知らない、でも食べたいものは食べる。

そして、自分がお肉を食べていたいから、ベジタリアンを否定する。

それでは議論の場に立っているとは言えないのではないでしょうか。

現状を知る上で、「いのちの食べかた」という映画があります。

日本人が1年間に食べる肉(牛・豚・鳥)は約300万トン。だれもが毎日のように食べている膨大な量の肉。そもそもお肉になる家畜は、どこで生まれ、どのように育てられ、どうやってパックに詰められてお店に並ぶのでしょう? 本作は、そんな私たちの生とは切り離せない「食物」を産み出している現場の数々を描いたドキュメンタリーです。世界中の人の食を担うため、野菜や果物だけでなく、家畜や魚でさえも大規模な機械化によって生産・管理せざるをえない現代社会の実情を、オーストリアのニコラウス・ゲイハルター監督がおよそ2年間をかけて取材・撮影しました。本作を観ると、現代の食料生産工場の生産性の高さに驚愕するとともに、私たちが生きることは他の動物たちの生命を「いただく」ことに他ならないことだと、改めて実感させられます。

「公式サイト」より引用

みなさまに見ていただきたい、世界の現状を知ることができます。

食の現状を知ってから、批判をしましょう。

みか夫

これ、すごい映画だね、知らなかったな、こんな風にお肉ができてたんだね

プラントベースとは

プラントベースという言葉、御存じですか?

ベジタリアンやビーガンに替わる言葉として、近年使われるようになりました。

 

Plant-based=植物性の、より自然に近い形の食事

ベジタリアンやビーガンというと、上記のように批判的な議論の対象となったり、ストイックでネガティブなイメージを持つ方も多いのですが、そういったベジタリアンやビーガンという認識に対する批判的なイメージを払拭した食の選択として、プラントベースは、ヘルシーで健康的なイメージで使われています。

プラントベースドフード(植物性食)が、世界中で広がりつつあります!



理想の食生活について

基本的に、食事とは生きていくためのもの。

人により、体調により、季節により欲する食べ物が違うのが当然です。

食事スタイルを決めつけずに、体が欲するものを食べるのが一番良いと思います。

ただ、私としては肉食の問題は軽視できません。

畜産における倫理と自然環境の問題もありますし、家畜に対する遺伝子組み換え肥料や、抗生物質や抗菌剤、ホルモン剤の投与による影響もあります。

内藤的、理想的な食事とは、プラントベースを基本として、体調に合わせて週に数回、天然のお魚や、オーガニックの卵を頂くというもの。

乳製品、牛乳やチーズは、グラスフェッド(放牧飼育)のものを選びましょう。

みか夫

グラスフェッド(放牧飼育)って、初めて聞いたよ

内藤

一般的に普及しているお肉は、みかお君の見た「いのちの食べかた」にもあったように、とても窮屈で不衛生なところで育ち、不自然な飼料とホルモン剤によって大きくさせられているのが現状なんだよ

みか夫

なんか、可哀想だね

内藤

そうだね、だからこそ、食の選択をきちんとしていこうね

まとめ

ベジタリアンについて調べてみて、自分は擬似ベジタリアンだということが分かりました。

疑似などと、あえて定義しなければならないなんて、ベジタリアンの人たちの凝り固まった思想の結果のような気がします。

肉食について問題定義して、食の選択することは、とても素晴らしいことだと思います。

しかし、ベジタリアン以外は許容できないような思想の狭さでいては、真の意味での食の改革には成り得ません。

食は、あくまでも自然の恵みをいただくもの。そして、人と人を繋ぐものでもあります。

感謝の気持ちをもって、食物と向き合うこと。

どうかみなさま、毎日食べているその食物がどうやって食卓まで来ているのか、想像し、実際に調べてみてください。

それこそが、まさに食べ物に感謝することに繋がると思います。

内藤は、ペスコ・ベジタリアンではなく、プラントベースの食生活です!と言うことにします。

疑似と、言われないためにもね!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ソフトバンクへMNP

知らない人が損をしている。ソフトバンクに乗り換えることで、スマホの月額は驚くほど安くなります。

ソフトバンクの正規代理店だから安心!キャッシュバックや一括0円案件が常にある!最新情報公開中!

 

【最新クーポン配布中】11/18まで!ケータイ乗り換え.comの特別キャンペーン公開中!毎日更新【11月14日更新】どこよりも早く最新情報をお届け!「ケータイ乗り換え.com」の、最新キャンペーンをご紹介します! Softba...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です